ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】ポーカーフェイスを装い「ツリ」の失敗を必死に誤魔化す

level006
506

場面中の「ツリ」ポンコツで大きなミスをやらかしたオレ。

ヤバい!

カードが2枚も出てしまった!

なんとかこの場をしのぐには、、、慌てず冷静な毅然としたポーカーフェイスなディーラーの態度が必要。。。

「イカサマなんて絶対にしてませんよ!」的な大きな態度やゼスチャーが意味を持ってくる。

まずは素早くお客さんから突っ込まれる前に2枚のカードを両手で分けていく。

そして、「汗や湿度でカードがくっついている様」を演じて両手をこすり合わせながら大きな声でウェイトレスにおしぼり要求をする。

独り言のように「カードがくっついてるなぁ?!」と場面のお客さんにアピールしながら。

やはり、不思議に思っているターゲットやお客さんから「何なんだ?!」の声がとんでくるが、「湿気などでカードがくっついて出てくる時があります。」とキッパリ言うオレ。

「ツリ」をしようとしたということは、ターゲットが当たりに賭けているのでハズレさせようとしているので、失敗したことによってこのゲームはターゲットの勝ちとなる。

そのため、とにかくゲームを続けて当たって安心させることが得策だと考えていた。

「カードの流れは変わっていないのでこのままゲームを続けさせていただきます。」と促していく。

なんとか誤摩化しながら勝敗をつけて何事もなかったかのようにゲームを進めていくことでこの場を乗り切ることができたのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
159

【穴】キャッシャーが収支を完全掌握 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

裏カジノのキャッシャー内には多くの現金が集まり、この場所ですべてのお金を管理している。 そのため誰もが簡単に入ることは不可能で

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
505

【穴】顔面蒼白。。。「ツリ」の最中に失敗する

オレたちのポンコツにはメリハリをつけていくことをオーナーと話し合い、ポンコツ知識の豊富なお客さん相手にはヒラで勝負をすることに

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
271

【穴】4店舗目の裏カジノ店勤務では私生活のレベルも大幅UP

当時の赤坂の夜、世間はバブル崩壊後であることが関係ないかのように多くの人で賑わいをみせていた。 カジノ客だけではなく夜の繁華街

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
466

【穴】勝率100%を目指して「ポンコツ」研究は続く

だんだんとポンコツ知識がオレの中に入ってきているのだが、まだ、いつでも実行できるレベルにはほど遠い。