ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】ポーカーフェイスを装い「ツリ」の失敗を必死に誤魔化す

level006
506

場面中の「ツリ」ポンコツで大きなミスをやらかしたオレ。

ヤバい!

カードが2枚も出てしまった!

なんとかこの場をしのぐには、、、慌てず冷静な毅然としたポーカーフェイスなディーラーの態度が必要。。。

「イカサマなんて絶対にしてませんよ!」的な大きな態度やゼスチャーが意味を持ってくる。

まずは素早くお客さんから突っ込まれる前に2枚のカードを両手で分けていく。

そして、「汗や湿度でカードがくっついている様」を演じて両手をこすり合わせながら大きな声でウェイトレスにおしぼり要求をする。

独り言のように「カードがくっついてるなぁ?!」と場面のお客さんにアピールしながら。

やはり、不思議に思っているターゲットやお客さんから「何なんだ?!」の声がとんでくるが、「湿気などでカードがくっついて出てくる時があります。」とキッパリ言うオレ。

「ツリ」をしようとしたということは、ターゲットが当たりに賭けているのでハズレさせようとしているので、失敗したことによってこのゲームはターゲットの勝ちとなる。

そのため、とにかくゲームを続けて当たって安心させることが得策だと考えていた。

「カードの流れは変わっていないのでこのままゲームを続けさせていただきます。」と促していく。

なんとか誤摩化しながら勝敗をつけて何事もなかったかのようにゲームを進めていくことでこの場を乗り切ることができたのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
422

【穴】裏カジノ店舗のマイナスを防げる理想的なバカラ「ポンコツ」での流し方

はじめての組みカードを、ブチ込んでポンコツをかけてみると、次回のゲームの「当たり」が分かるのはかなり有効的なことに気がつく。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】漢(おとこ)だらけのディーラーひしめく新タイプの裏カジノ

裏カジノの名義社長として体を賭けてキャッシャー業務に望んでいた訳だが、カジノ店そのものでの負けが続き、カネの底がつき閉鎖するこ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
265

【穴】六本木交差点の裏カジノでバカラディーラーとしての腕を磨く

横浜でカジノデビューをしてから、赤坂の裏カジノ店で東京の裏カジノ事情を把握したオレは、この業界は横のつながりが大切だということ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
190

【穴】裏カジノ店の警察からの摘発までの流れ その2

裏カジノ界では店舗にもよるが、あらかじめ警察からの摘発を想定した準備をしているところも少なくない。 カジノ店オーナーが摘発後も