ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「ツリ」のし過ぎでオープン3カ月で店を閉店させる。。

level006
497

実践での「ツリ」はヤバかった。

狙ったターゲットを仕留めて思った通りの結果を出す事が可能だった。

抜きたい金額まで使わせる事も、ハズレ過ぎなど場面での調整もできるし、自由自在に操れるということは本当にスゴいことだ。

大きな場面で本気で抜きにいけば千万単位も抜けるだろう。

「ツリ」をポンコツディーラーに与えると「鬼に金棒」的な感覚に陥ってしまう。

オレのポンコツ技術に追加された完璧な「ツリ」があれば、いくらでも稼ぐ事はできるだろう。それにはどこかの裏カジノ店舗に属す必要がある。

この「ツリ」について強いて言うならば、、、強力な武器があるためにお客さんも立ち向かわなくなってしまうことがある。

どんな裏カジノ店舗であれ、お客さんは勝ったり負けたりを繰り返しながら行っている博打は楽しいモノであるが、負けっぱなしの博打ほどつまらないモノはない。

毎回ガッツイて取ってばかりいるとお客さんは敏感に感じてこの店舗へと足を運ばなくなってしまう。

裏カジノ店舗というところは、お客さんがお客さんを呼び多くの人が集まってくるため、いい加減な事をしているとすぐにお客さんはよその店舗へといってしまう。

このことには後で気がついたことだが、オープン2ヶ月は満卓だった店舗なのに、抜きすぎたことで3ヶ月で閉店になった店舗もあった。

目先のお金に惑わされてしまわず、この「ツリ」で調整をしながら抜いていくことが店舗維持に繋がるのだ。単発的で行う店舗ならばガンガンいけば良いのだが、その都度店舗替えしなければならなくなり、また違う店舗を探さなければならなくなってしまう。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
452

【穴】VIP客をますます追い込む「ガン付きカード」の罠

「バカラ大会」を装ったVIP客をハメるために、仕込んだ組みカードで途中参加のVIP客は初っぱなから勝ち上がる事なく負け方向に進

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
421

【穴】裏カジノバカラの場で仕込んだ「組カード」の具体的な使用方法

恥ずかしながら、、、この時に使用していた組みカードには「もどり」がついていなかった。 「もどり」というモノは、、、バカラで組み

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
203

【穴】間一髪、カジノ店での摘発を免れたオレの実話 その2

オレがいない時間に、勤務していたカジノ店が摘発にあうということは、偶然のことで仕組まれたことではない。 通常、摘発を行う場合に

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
487

【穴】新たなポンコツ「ツリ」を使う場面は!?

完璧な「ツリ」を習得するための練習は必須だが、コレを場面で活かすための組みカード作りも重要な課題になるだろう。 さて、、、実際