ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】嫌いなターゲットを「ツリ」で懲らしめる

level006
496

完璧な「ツリ」をマスターしつつあるときに実践で行ってみた。

準備していたツリ用の「組みカード」をシャッフルしている場面上に「ポン替え」で投入し、空シャッフルなどで手を入れているように魅せ、「すわり(さくら)」にカットカードを入れてもらいシューターに収めていく。

この場面は10万円のバランス台で、ミニマムレートが1万円のテーブル。

バランスが10万円なので片側に100万円入れられても、もう一方へ90万から110万まであればゲームは開始されていく。

バランスはプレイヤーとバンカーの差額なので相手がいればいくらでも賭ける事が可能な訳だ。

「すわり(さくら)」の反対側にはオレたちのターゲットが座っており、横柄な態度をとるためすべての従業員から嫌われている。

オレたちはこのターゲットを懲らしめるためにしたのだ。

始めての「ツリ」なので少し緊張はあるが、このターゲットはあまりポンコツ知識がなさそうなので大丈夫そうだし。

いざ始まっていくと「組みカード」が出てくるまでにこのターゲットをやっつけてしまっている。10万円、10万円と買いがでており、すでに熱くなって怒り顔になっている。

更に10万円と買いが出て「組みカード」が出る頃には30万円を溶かして40万出しの状態だった。

だが、オレはこのターゲットを好んでいないため、完璧な「ツリ」の実践練習もかねてトドメを指しにいく。更に10万円、そしてまた10万円と買いを出させてターゲットは一度に10万円を賭けるようになってきた。

これに対してオレはよだれが出てきて更に当てさせる様に「ツリ」を行った。

最終的にターゲットはこの1時間足らずで130万円を使い、怒りながら帰っていったのだ。

完璧な「ツリ」の効力は凄まじい。

ターゲットを懲らしめてやり、目標の場面中での「ツリ」の実践もでき、「ツリ」初戦としては納得のいく結果が得られたのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
188

【穴】裏カジノ店は常に摘発の危険ととなりあわせ

オレが1994年にカジノディーラーとしてデビューした裏カジノ店舗では、「急遽、本日はクローズさせていただきます。」という日があ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
192

【穴】裏カジノ店はどうやって警察からの摘発情報を事前入手しているのか?

今の日本の法律では、裏カジノ店の摘発が起こっても不思議ではないので、裏カジノ店側としても何かできる事をしておく必要がある。 そ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
159

【穴】キャッシャーが収支を完全掌握 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

裏カジノのキャッシャー内には多くの現金が集まり、この場所ですべてのお金を管理している。 そのため誰もが簡単に入ることは不可能で

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
109

【穴】ホール黒服の業務2 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

日本の裏カジノの中で、ホールの黒服の業務は重要だけに大変だ。 お客さんのチップが減ってくれば、当然八つ当たりもされるし、怒りの