ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】先輩から教わった「ツリ」に自分でもアレンジを加えてみる

level006
490

ヘルプに行った先輩の裏カジノ店舗での完璧な「ツリ」は、オレのポンコツ人生を大きく変えてくれるだろう。

この手法を先輩に教えてもらってからは毎日練習を重ね、ヘルプで行った2、3日はかなり勉強となった。

「ツリ」用の組みカード作りも先輩のおかげでいくつか参考になり、アレンジを加えながらオレ用の組みカードが出来上がる。

「ツリ」用の組みカードは今までの組みカードとは違って決め事がある。

「ツリ」を行うためなので、毎ゲーム、最初の3枚のカードの色が同じ色でなくてならない。数字が書いていない表の色が「赤、赤、赤、青」となるか、「青、青、青、赤」にしかならないようにするのだ。

「ツリ」を行うということは1枚目のカードを上にずらす。この状態で色違いのカードを使用していると後ろのカードがはっきりと見えてしまい、お客さんにバレやすくなってしまう。

同色であれば、分かりづらい、見づらい、ということもあるので念には念を入れておく必要がある。更にはツった後、上に上げた1枚目のカードが下がりきらずに途中で止まって後ろにある3枚目のカードが少し見えてしまう可能性もある。

最初の3枚を同色にし、4枚目のカードはすべてが同色だと怪しいのでカムフラージュ的な意味を込めて違う色にしておくのだ。

組みカード最初のワンデッキは青ベースで作り上げ、残りのワンデッキを赤ベースで作っていく。そして、ワンデッキ52枚の最後のゲームにはスペードのAでゲームが終了することにもしている。

青ベースの組みカードが出てきた事を確認しやすくしておき、最初のスペードのAが出てきたところで半分が終了。続いて赤ベースに入り残りのゲーム番数を考えながらターゲットを仕留める目安にしていくのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
457

【穴】笑いが止まらない「ポンコツ」業界の金回り

オーナーの地元への遠征ポンコツバカラでは、たった一人の”ハメる”ための良いお客さんから初回の100万円+3,000万円をハメる

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
423

【穴】「組カード」の「ポンコツ」で左右のカードを1枚ずつ噛み合わせる

「組カード」の「ポンコツ」で、「もどり」という知識を入れ込んだオレたちは、水を得た魚のように、ますます「組みカード」を使用した

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
193

【穴】オレのカジノ店オーナーはこうやって県警から情報を得ていた

オレが裏カジノ界でデビューしてから、数多くのカジノ店舗を渡り歩いていたが、1人のオーナーに出会ってからは、その組織から飛び出す

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
406

【穴】休日は他店でポンコツを行い数十万円のお小遣いが出来上がる

あの頃のオレは、裏家業本場のヤクザ組織に追われるかもしれないという「ポンコツ」をするリスクを分かっているようでまったく分かって