ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】新たなポンコツ「ツリ」を使う場面は!?

level006
487

完璧な「ツリ」を習得するための練習は必須だが、コレを場面で活かすための組みカード作りも重要な課題になるだろう。

さて、、、実際の場面上でこの「ツリ」をディーラーが行うタイミングが良いのは一体どのタイミングなのだろうか!?

「ツリ」を行うにしても1枚目!? 2枚目!? もしくは3枚目!なのか!? どこで行うのがリスクがなくスムーズに行えるのだろうか!?

バカラゲームでは、最初に4枚のカードが出されその結果によって5枚目、6枚目のカードを出していく。

5、6枚目のカードが出る時はゲームの途中であり、お客さんが集中しているので目も真剣なためリスクはある。最初の4枚のカードでゲームが完結する場合もあるためそこで「ツリ」が出来なければ意味もないだろう。

ということは最初に出る4枚のカードのどこかで「ツリ」をすることになる訳だが、プレイヤー、バンカーと交互にカードを出すため2、4枚目のカードをツることはタイミングが合いづらい。

こうなると、1、3枚目のプレイヤー側になるカードで「ツリ」を行うのが理想的ではないだろうか!?

3枚目のカードをツるということは、ゲームがスタートしたこともあり、お客さんもカードを見にいくので、やはり、理想的なのは1枚目のゲームが始まる寸前ではないだろうか!?

ポンコツディーラー目線ならばココで仕掛けることがリスクが少なく行えるポイントになる。

カードを出すゲームが始まる前は、お客さんの目線が罫線を見ている下に向いている可能性が高く、ディーラーからすればお客さんの見ていない都合の良いタイミングで「ツリ」を行うことが可能になる。

以上のことを考慮しながらいくと、、、1枚目をツることで勝敗が逆にできる組みカードを作成する必要があるのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
201

【穴】オレたちレベルの人間ができる裏カジノ店摘発予防策とは?

裏カジノ店で働くオレたち程度のレベルでは、警察による摘発を避ける予防策は無いに等しいだろう。 名うてのオーナーがいて初めて、レ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
361

【穴】裏カジノディーラー引退後の社会復帰を考える時が来た

裏カジノ界を引退してみるとオレの精神的な部分では落ち着きが出始めて、今までは叶わなかった家の中で子供たちと混じり合う生活をしな

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
335

【穴】オレがトップになる湘南裏カジノ店。最初から仕組まれていたのか!?

湘南の入り口にあたる裏カジノ店舗の視察は、オレの思いとはウラハラにオーナーも「O氏」もノリノリな感じで、一緒に同行していたヤク

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
473

【穴】時代を逆行する手作業「ポンコツ」の仕事を依頼される

飛び道具のサインのおかげで、、、ポンコツ場面中にメインディーラーが「すわり(さくら)」へサインを送らず、解析を行っている外の仲