ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】新たなポンコツ「ツリ」を使う場面は!?

level006
487

完璧な「ツリ」を習得するための練習は必須だが、コレを場面で活かすための組みカード作りも重要な課題になるだろう。

さて、、、実際の場面上でこの「ツリ」をディーラーが行うタイミングが良いのは一体どのタイミングなのだろうか!?

「ツリ」を行うにしても1枚目!? 2枚目!? もしくは3枚目!なのか!? どこで行うのがリスクがなくスムーズに行えるのだろうか!?

バカラゲームでは、最初に4枚のカードが出されその結果によって5枚目、6枚目のカードを出していく。

5、6枚目のカードが出る時はゲームの途中であり、お客さんが集中しているので目も真剣なためリスクはある。最初の4枚のカードでゲームが完結する場合もあるためそこで「ツリ」が出来なければ意味もないだろう。

ということは最初に出る4枚のカードのどこかで「ツリ」をすることになる訳だが、プレイヤー、バンカーと交互にカードを出すため2、4枚目のカードをツることはタイミングが合いづらい。

こうなると、1、3枚目のプレイヤー側になるカードで「ツリ」を行うのが理想的ではないだろうか!?

3枚目のカードをツるということは、ゲームがスタートしたこともあり、お客さんもカードを見にいくので、やはり、理想的なのは1枚目のゲームが始まる寸前ではないだろうか!?

ポンコツディーラー目線ならばココで仕掛けることがリスクが少なく行えるポイントになる。

カードを出すゲームが始まる前は、お客さんの目線が罫線を見ている下に向いている可能性が高く、ディーラーからすればお客さんの見ていない都合の良いタイミングで「ツリ」を行うことが可能になる。

以上のことを考慮しながらいくと、、、1枚目をツることで勝敗が逆にできる組みカードを作成する必要があるのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
490

【穴】先輩から教わった「ツリ」に自分でもアレンジを加えてみる

ヘルプに行った先輩の裏カジノ店舗での完璧な「ツリ」は、オレのポンコツ人生を大きく変えてくれるだろう。 この手法を先輩に教えても

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
189

【穴】裏カジノ店の警察からの摘発までの流れ その1

「カジノ店摘発」のニュース、年に数回はテレビやインターネット上から流れてくる。 日本裏カジノ界にとっては痛いことなのだろうが、

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
049-2

【穴】正当な報酬請求のため「ポンコツ」で謀反を起こす

「タテ」仕事のポンコツ店舗で「ヨコ」仕事をブチ込む。。。 大げさすぎる言い方かもしれないが昔の言葉で「謀反」という言葉がある。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
456

【穴】”ハメる”ための良いお客さんに仕掛ける「ポンコツ」バカラ

オレのいる「ポン箱」のオーナーはヤクザ組織と関わりの深い人だが、個人的には魅力を感じている。 オーナーもそうだが側近の人もブラ