ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】時代を逆行する手作業「ポンコツ」の仕事を依頼される

level006
473

飛び道具のサインのおかげで、、、ポンコツ場面中にメインディーラーが「すわり(さくら)」へサインを送らず、解析を行っている外の仲間から指令が飛ぶのはかなり楽にポンコツができる。

現在のポンコツ裏カジノ店舗では当たり前であるこの作業も、まだまだであった当時の技術では難しいことだった。

というかシンプルなモノで、次回の当たりがどちらなのかを示す程度で、その後のことは場面を見ながら各自の判断で行っていくしかない。

こういった技術の進歩もあったが、初期費用もディーラーの技量も必要となっていく流れのなか、オレの元に届いたのは時代とは逆に向かっていく手作業で「タテ」のポンコツをする裏カジノ店舗からのお誘いだった。

まだまだ手作業でのポンコツも十分に通用する時代でもあり、オレの技術を活かせるということでこの店舗での「タテ」ポンコツに手をかすことにした。

基本的には「バカラ」での難しい罫線を作り上げ、お客さんが負けてくれれば良いということだったので、店舗の売上を上げるためのポンコツで個人的な配当は店舗の利益から数%を頂くということであった。

「バカラ」において同じ罫線というものは二度とあり得ない常識の中、オレが「1枚噛み」シャッフルで組み上げれば何度でも約20回の難しい罫線を作り上げることが可能。

通常のお客さんならこの難しい罫線で勝率を上げることは難しく、誰がディーラーとしてまいても結果がみえてくる。裏カジノ店舗の大きなレート場面でコレを入れておけばかなりの確率で売上が上がってくる。

オレはシャッフルをすることがメインの仕事であり、実際にまいていくディーラーは誰でも良い。だが、次回の当たりを知っているオレと当たりを知らないその他のディーラーがまくのでは売上の上がり方がかなり変わってくる。

オレは当たりを知っている分、店舗側に有利な言い回しをできるし、プレイヤーとバンカーのバランスを誤摩化して広げたり縮めたりも可能になる。

お客さんの質や場面に応じて、ポンコツ場面中のディーラートークでうまく交わしながら店舗の売上に貢献をしてオレの懐へ入ってくる収入を調整していた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
107

【穴】無口なディーラーに気をつけろ ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

お客さんのチップがなくなれば黒服に指示を出してチップを出したり。お客さんに遊び方分からないことがあれば、しっかりと説明もしてい

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
424

【穴】「1枚噛み」のスゴ技「組カード」の修行に明け暮れる日々

カードをシャッフルする時に行う「スゴ技」を知ったオレは、毎日空いている時間に、カードを触り、シャッフルの練習を重ねていく。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
543

【穴】現代のポンコツ「ちぎり」と「パーム」の合わせ技

オレの知らなかったこの「パーム」をする時のカードは一体どこから出てくるのだろうか!? このカードは「ちぎり」によって抜いたカー

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
431

【穴】新店舗っでも徐々に波に乗って行く「ポンコツ」具合

新しい裏カジノ店舗に移った後、まずオレたちは、ポンコツをするために現状の店舗の把握をしていく。