ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「ポンコツ」に近代化の波、、、「メカ」時代の到来

level006
471

新たなポンコツは近代化に合わせて巧妙なトリックが施される時代へと変わり始めていた。

ガン付きカードは肉眼では映らないシロモノが出始めている。

そう。。。

メカの時代に突入していくことになるのだ。

肉眼では識別できないほどのキズ、印、インクなどをカードに入れたモノをカメラで撮影して解析を行い、飛び道具でディーラーや「すわり(さくら)」にサインを送っていく。

出始めのメカは一発撮りのカメラが主流で、シューターに入る前にタバコサイズの特殊なカメラで撮影を行っていた。

撮影した画像を近くに待機している仲間の元へ持っていき、即、解析に入り、30分ほどの時間をかけて残りのカード状態が把握できる程度のモノだった。

現在のモノとはまだまだ比較にならないシロモノではあったが、100万円のバランス台などで行えば1,000万は楽に抜けてくる。

場面後半になり、次回の当たりが最後まで分かるということは、チップを増やすことは容易い。

コレをオレが実施に行った時には、単発的なポンコツなため、本名を明かさずに偽名で裏カジノ店舗にディーラーとして潜り込み、ガン付きカードを入れた後、「お腹が痛いので…」と場面を逃げ出し、更には「もうこの店には二度と来ない!」と覚悟をして早退して店を抜け出していった。

当然ながらオレたちの仲間が「すわり(さくら)」として残っており、この裏カジノ店舗から根こそぎ抜くための一発勝負を賭けていく。

この結果、3,000万近い現金を抜くことに成功したが、この時の仕事にはオレの仲間だけではなく、他の仲間たちとの共同作業でもあり、経費もかなりかかっていたので最終的にオレの手元に残った配当は200万ほどだった。

こういった単発でのポンコツは抜け額が大きいため、その後まで残っているディーラーはかなりヤバいことになることが多い。だが、しっかりと下調べを行い、ヤクザ組織が深く絡んでいる店舗ではなく、素人的なオーナー店舗なのでコレに踏み切ったわけだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
105

【穴】カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノ界が成り立つ理由

海外のカジノと比べて、日本の裏カジノの店舗サイズは小さい。日本裏カジノの店舗は100坪もあれば大きい方だろう。 小さな店舗では

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
432

【穴】「一枚噛み」に続き「ガン付きカード」の「ポンコツ」まで登場

裏カジノ店舗で暇な時間帯には、いつものように52枚のワンデッキをもって空いているテーブルに座り、「一枚噛み」の練習をしていて、

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
519

【穴】「ポンコツ」防止のさらに上をいく「ポンコツ」ディーラーの技

最近は当たり前のことだが、2000年を過ぎた辺りから場面上でシャッフルに入る綺麗に並んでいるカードをそのままシャッフルすること

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
487

【穴】新たなポンコツ「ツリ」を使う場面は!?

完璧な「ツリ」を習得するための練習は必須だが、コレを場面で活かすための組みカード作りも重要な課題になるだろう。 さて、、、実際