ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】ノーシャッフルで作れる「もどり」で「ポンコツ」ライフを謳歌する

level006
470

前回、メンバー向けにチョー簡単なノーシャッフルで作れる12枚の「もどり」を公開させていただいた。

「もどり」はそんなに難しいものではなく4×3で考えていけば、かなり簡単に見つかったりする。だが、ノーシャッフルで少し手を加えることで完成するのはかなりレアなので知っておいても損はないだろう。

オレもコレを知ってからはかなり実践で活用させていただき、素晴らしいポンコツ結果を出していた。

コレを使うことで、「1枚噛み」シャッフルでの組みカードを作り上げるのに3分ほどで完成するし、お客さんから、場面を見ている黒服からのリスクが激減していたのは間違いないだろう。

コレに馴れてくることで色々なことが見えてきて、次回のカード並びが簡単なので場面に合わせてカードを捨てたり、入れ替えたりしながら活用していた。

バカラでは必ず4、5、6枚のいずれかのカード枚数でゲームが完了するため、分かるカードを無駄にしないような形で行っていた。

「もどり」、「1枚噛み」シャッフルでつくる組みカード、「ポン替え」のための組みカードがオレの中でうまく絡み合い、副収入のための力となってオレは吸収することができた。

この時は、これ以上のポンコツはないだろうと思っていたのだが、時代の進歩と共にポンコツの技術も更なる進化時代へと向かっていったのだ。

手始めに出てきたポンコツは「1枚噛み」シャッフルのような手作業が無いポンコツだった。

いわゆる、、、ガン付きカードの仲間でその人からでなくては見えないというシロモノ。

カードに特別なインクで印が施されており、特殊なレンズを通さなければ見えないのだ。ディーラーには専用のコンタクトレンズまであり、オレたちポンコツディーラーには転換を感じさせる出来事だった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
490

【穴】先輩から教わった「ツリ」に自分でもアレンジを加えてみる

ヘルプに行った先輩の裏カジノ店舗での完璧な「ツリ」は、オレのポンコツ人生を大きく変えてくれるだろう。 この手法を先輩に教えても

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
419

【穴】納得の行かない「黒服」との裏カジノ「ポンコツ」パートナーシップ

オレたちが行ったポンコツが原因なのだろうか? 同じ裏カジノで働く、黒服からポンコツのスカウトをされたオレは、あの黒服たちともポ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
202

【穴】間一髪、カジノ店での摘発を免れたオレの実話 その1

オーナーからの指示である新天地での裏カジノ店舗を任されていた時のことだ。オレのところにも、警察による摘発の手は及んできた。 オ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
267

【穴】東京進出したカジノディーラーライト繁盛裏カジノ店で勤務開始

1994年にカジノディーラーとしてデビューしたオレは、この年の瀬には東京都内中心地である港区の裏カジノ店にいた。 老舗のカジノ