ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】ノーシャッフルで作れる「もどり」で「ポンコツ」ライフを謳歌する

level006
470

前回、メンバー向けにチョー簡単なノーシャッフルで作れる12枚の「もどり」を公開させていただいた。

「もどり」はそんなに難しいものではなく4×3で考えていけば、かなり簡単に見つかったりする。だが、ノーシャッフルで少し手を加えることで完成するのはかなりレアなので知っておいても損はないだろう。

オレもコレを知ってからはかなり実践で活用させていただき、素晴らしいポンコツ結果を出していた。

コレを使うことで、「1枚噛み」シャッフルでの組みカードを作り上げるのに3分ほどで完成するし、お客さんから、場面を見ている黒服からのリスクが激減していたのは間違いないだろう。

コレに馴れてくることで色々なことが見えてきて、次回のカード並びが簡単なので場面に合わせてカードを捨てたり、入れ替えたりしながら活用していた。

バカラでは必ず4、5、6枚のいずれかのカード枚数でゲームが完了するため、分かるカードを無駄にしないような形で行っていた。

「もどり」、「1枚噛み」シャッフルでつくる組みカード、「ポン替え」のための組みカードがオレの中でうまく絡み合い、副収入のための力となってオレは吸収することができた。

この時は、これ以上のポンコツはないだろうと思っていたのだが、時代の進歩と共にポンコツの技術も更なる進化時代へと向かっていったのだ。

手始めに出てきたポンコツは「1枚噛み」シャッフルのような手作業が無いポンコツだった。

いわゆる、、、ガン付きカードの仲間でその人からでなくては見えないというシロモノ。

カードに特別なインクで印が施されており、特殊なレンズを通さなければ見えないのだ。ディーラーには専用のコンタクトレンズまであり、オレたちポンコツディーラーには転換を感じさせる出来事だった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
539

【穴】浦島太郎!?が体験した現代のポンコツ「ちぎり」

たかが数年。。。 約3年ほど裏カジノ界から去っていたオレは「浦島太郎!?」状態に陥ってしまった。 ポンコツの世界は現役を退いた

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino153

【穴】テーブルゲームのさばき方 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

日本裏カジノ界で働く従業員はたくさんいるけれど、仕事内容は当然同じではない。役割分担がされているため職種によって、業務内容が変

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
282

【穴】せっかくだが新宿歌舞伎町の裏カジノ店舗をオレはやめるぜ!

新宿歌舞伎町での裏カジノ勤務は横浜から通うには少し遠い。車での通勤には高速代やガソリン代、駐車場代がかかりすぎるし、何処で渋滞

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
537

【穴】どんなに見破り技術が発達しても「ポンコツ」カジノはなくならない、、、

ポンコツにおいて一番重要となるメカ用カードの細工で、次の当たりが明白となること。 どの裏カジノ店舗でも、お客さんの目の前でシャ