ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】裏カジノディーラーとして「ポンコツ」の腕を磨くのは当然だと思っていた

level006
467

「1枚噛み」シャッフルでカードを組み上げていくことで、プレイヤーが強い目を仕込んだり、バンカーが強い目を出せたりと自由自在に罫線を作り上げることが可能になる。

オレたちのポンコツのためだけではなく、裏カジノ店舗側への貢献のためにも使用できる。「タテ」のポンコツにも使用が出来るということに繋がってくるのだ。

オレが考えるには、「1枚噛み」シャッフルはディーラーとしての技術でありポンコツではないと感じていた。当時のバカラでのシャッフルはディーラーが思うようにシャッフルをするのでスライドやシャッフルの回数は思いのままにできていた。

悪用するために使えばポンコツとなるのだが、個人的な数字を上げるために難しい罫線を作り上げて強いディーラーになるために使用するのは技術の一つだと思っている。

現在ではカードの並び順が分からないように数字を伏せた状態で、露店に出ているテキ屋の焼きそばを混ぜるような感じで行ってからシャッフルに入るため、「ヤキソバ」無しにはシャッフルへは入れない。

ニューカードはすべてハートのA~K、クラブのA~K、ダイアのK~A、スペードのK~Aというように揃っているため、「1枚噛み」シャッフルで回数や割り方、落とし方を加えればカードの出方は広がっていき、同じやり方で「1枚噛み」シャッフルすることで何度でも難しい同じ罫線を作り上げられるのだ。

「1枚噛み」シャッフルの組みカードのレパートリーを増やすことで、バンカー好きのお客さんをやっつけたり、プレイヤー好きのお客さんから数字を上げて結果を出したりすることも使用していく。

ルーレーットと同じように狙いを付けてお客さんからチップを奪うことで裏カジノ界は成り立っているため、ディーラーとしての気持ちのもち方は海外のカジノとは大きく異なってくる。

いかにしてお客さんがもっているチップを店側に吸収させるかをいつも考えているから。更には、ポンコツ用として自分の日銭になるような流れも作っておき、どうせ世間体には怪しい仕事ならばとことん悪さも知っておいた方が良いとも思っていた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
431

【穴】新店舗っでも徐々に波に乗って行く「ポンコツ」具合

新しい裏カジノ店舗に移った後、まずオレたちは、ポンコツをするために現状の店舗の把握をしていく。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】プロカジノディーラー人生の最後を赤坂大使館カジノで迎える

最後の裏カジノ店舗となる大使館裏カジノで勤めている頃。オレの家の売却期日も訪れている。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
279

【穴】不覚にも韓国人ママの裏カジノ店舗で立ってしまった・・・

2度目の六本木の裏カジノ店舗ではチーフディーラーという役職をもらうことはできたが、大勢のヤクザたちに囲まれ、店のイメージも悪く

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
466

【穴】勝率100%を目指して「ポンコツ」研究は続く

だんだんとポンコツ知識がオレの中に入ってきているのだが、まだ、いつでも実行できるレベルにはほど遠い。