ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】配当8倍。ドロー「ポンコツ」で大儲け

level006
033-2

オレのいる「ポン箱」では店ぐるみで行う「タテ」なため、「ヨコ」のポンコツはできないので他店舗にいるポンコツ仲間との「ヨコ」のポンコツで小遣いを稼いでいた。

先日の行った裏カジノ店舗とは別の店舗で大きな収益を上げることを目論んでいた。

その店舗に呼ばれたポンコツ仲間が「今回は単発勝負なので一気に抜きたいと考えている」という。

コレは美味しい匂いがプンプンとしており、今までにない金額を目指しているということなのだ。

VIP客が来るという日に実行日として設定し、本来は裏カジノ店の売上となる収益をオレたちが「ヨコ」からかっさらっていこうとしている。

店側から情報を掴んだオレたちの仲間が「組みカード」をブチこみ、大きく勝ち上がって勝ち逃げするという筋書きをたてた。

このポンコツに望むタイトルは「ドローで大儲け!」。。。

このポンコツを行う店舗は通常の裏カジノ店舗よりもバカラゲームでの「ドロー(引き分け)」が大きく賭けることができるのだ。一人でもMAXで$1,000万円を賭けられるシステムになっており、ドローが出れば8倍の配当が戻ってくる。

約30回ある「組みカード」の中に、ドロー2連発を入れ、その後に3連発を仕込んでおき、場面に合わせながらこのドローで一気に爆発させていく。ドローが出る前のゲームでは、Aが2枚続けて出てきて終わるようにサインを設定し、次回のドローに役者に成りきって演技をしながら賭け金を置く。

最初の2連発ドローでは控えめの$300、$500と賭けていき、勝負の3連発では$500、$1,000、そしてもう一度$1,000とガッツリと頂いていく。ドローだけで250万越えとなり、それ以外ところで150万以上を抜き取って400万以上のポンコツ収益を生み出した。

最初に20万円をチップに変えて、このシューターが終わった時点で450万ほどのチップになり、速攻で換金して店を後にしていく。こうなればお決まりの六本木で豪遊が始まり、ポンコツディーラー達が来るのを待って山分けとなる。

今回は店側と「すわり(さくら)」側で、合わせて5人でのポンコツなので一人当たり80万越えの収益となったのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
190

【穴】裏カジノ店の警察からの摘発までの流れ その2

裏カジノ界では店舗にもよるが、あらかじめ警察からの摘発を想定した準備をしているところも少なくない。 カジノ店オーナーが摘発後も

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
425

【穴】20ゲーム分の連勝が約束されている「組カード」を使用したポンコツ

「組みカード」を使用した「ポンコツ」には勢いがあり、短時間で爆発的にチップを増やす事が可能になる。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino153

【穴】テーブルゲームのさばき方 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

日本裏カジノ界で働く従業員はたくさんいるけれど、仕事内容は当然同じではない。役割分担がされているため職種によって、業務内容が変

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
484

【穴】出張「ポンコツ」先で先輩の「ツリ」に度肝を抜かれる

己の銭を得るためにオーナーを裏切っていたオレ。 正当な評価額を勝手に頂いていくことにした訳だが、この行為がバレることはまずない