ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「ポンコツディーラー」の日当100万円。ますます練習に励む

level006
453

バカラで使用するカードがどこからでもよく見えるクリアシューターを使うことでポンコツを防止していると思われているだろうが、キズを入れた「ガン付きカード」を使用することでポンコツが可能になっていく。

コレを実践で見ることができた訳だが、場面中ではこのカラクリを知ることはできていなかった。まだまだこの「ポン箱」では新米のオレに種明かしをすることはないのだが、興味津々なオレに教えてくれる優しい人もいた。

聞いてみると簡単なことですぐにできそうだと思い実際にやってみることにした。

すべてが分かる難しいカードではなく初歩的な簡単な「ガン付きカード」をシューターの中に入れて行ってみると、キズが薄くて読み取ることがなかなかできない。

更には、1枚目と3枚目はプレイヤーのカード、2枚目と4枚目はバンカーのカードと計算して次の当たりがどちらなのかを読み取ることに時間がかかりすぎる。

目が慣れていないせいもあるが、コレを瞬時に理解して「さくら(すわり)」にサインを出しながら、通常のバカラディーラーとして場面を仕切ることは至難の業だと感じさせる。

この「ポン箱で」通用するディーラーになるには相当な練習と場慣れをしていかなければならない。

未だにだが、「1枚噛み」のシャッフルも素早く確実にポンコツ現場に持ち込むことにもできていない状態だ。ポンコツディーラーとしての上級レベルはまだまだ遠くて足下にも及ばないのだが、配当だけは同じくらい欲しいと願ってしまうのだ。

ポンコツディーラーといっても様々なディーラーがおり、こういった手の込んだ職人技をもつ人は少ないだろう。大体のポンコツディーラーはオレと同様にチップまわしや「ポン替え」を行って小銭を稼いでいる。

オレはこの「ポン箱」のチャンスを生かしてはやくオレの腕に覚えさせ、どんなポンコツでもできるようになりたいと考えていた。そうとなればやはり日々の練習をこなして場数を増やしていくことしかないだろう。

オレのこの当時でのポンコツ手当は1ヶ月に50万くらいだったような気がするが、あの時のポンコツバカラ大会でメインディーラーを勤めた人は、あの日のたった1日でポンコツ配当は100万円だったのだ。

あの日のオレの配当が10万円で、比べてしまうと大きな差がありまだまだコレからというところなのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino334

【穴】久しぶりの六本木でオレが働くことになった「大使館カジノ」

東北大震災を過ごした大型裏カジノ店舗を辞め、今後オレの家族が何処でどのように暮らしていくのかを考え、家の売却や海外への移住先を

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
267

【穴】東京進出したカジノディーラーライト繁盛裏カジノ店で勤務開始

1994年にカジノディーラーとしてデビューしたオレは、この年の瀬には東京都内中心地である港区の裏カジノ店にいた。 老舗のカジノ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】裏カジノ業界のバカラのルールにも変化が見られた

現役ディーラーとしてブランクがあった数年間の間に、日本裏カジノ界でも変化が起こっていた。 世界のカジノでは、様々なゲームがあり

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
109

【穴】ホール黒服の業務2 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

日本の裏カジノの中で、ホールの黒服の業務は重要だけに大変だ。 お客さんのチップが減ってくれば、当然八つ当たりもされるし、怒りの