ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】VIP客をますます追い込む「ガン付きカード」の罠

level006
452

「バカラ大会」を装ったVIP客をハメるために、仕込んだ組みカードで途中参加のVIP客は初っぱなから勝ち上がる事なく負け方向に進んでいく。

組みカードが入ったシュートが終わると次のシュートは「ガン付きカード」を投入されVIP客を襲いにかかっていく。

この「ガン付きカード」にはすべてのカードが何か分かるように、すべてのカードの側面にキズをいれていき、側面角から順番に1から10まで(J,Q,Kは10と同じ)がシューターの真上から見ると明らかに分かるようになっている。

これをポンコツディーラーがクリアなスケルトンのシューターを真上から覗き込み、1、3枚目はプレイヤーのカード、2、4枚目はバンカーのカード、それぞれの合計を読み取り「すわり(さくら)」へとサインを流してVIP客を誘い込んでいくのだ。

次のゲームの当たりが分かる勝負で、ターゲットとなるVIP客を7、8名の「すわり(さくら)」でハメていくことは容易いこと。VIP客が当たりに賭けていれば皆で同じ当たりにかぶせていくと賭けられる金額に制限が生まれ、多額の賭け金が入れられなくなり当たっても小額配当になる。

逆に、ハズレに賭けてくれれば当たり方向へ「すわり(さくら)」が被せていき、ハズレ側の賭け金が少なくなりターゲットであるVIP客に多額を賭けさせることになる。

こうして揺さぶりながらいくことでVIP客は深みにハマっていき、負け分を取り戻したいがために一度に大きく賭けていくことになっていく。こうして百万円単位の賭け金を一瞬で奪うことが可能になる訳だ。

ギャンブルの世界では、負けてくると大きく賭け始める人はまず勝てないだろう。例え数回は勝ったとしても一回の負け分で今まで少しずつ勝ってきた額を吹き飛ばして大きなマイナスをつくることになる。

オレたち裏カジノ側の恐れるお客さんは、勝ちゴマを伸ばしてくるタイプで負けだすと賭け金が下がっていくタイプだろう。負けが小さく勝つ時は大きいというこういった人種がギャンブルで強いと呼ばれる人間なのだ。

このセオリーをよく分かっているオレたちでも、実勢に自分が賭ける側にまわると負けが増えてくると個人的な心理で熱くなってしまい早く取り戻したいがために多額の勝負にでてしまうのだ。

ポンコツをかけてあぶく銭を掴んでも実施にはキャバクラで豪遊してから、野球、麻雀、競馬、そしてバカラのギャンブルで使い果たしてしまう輩が多いのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino335

【穴】千万単位で負けるVIP客も珍しく無い「大使館裏カジノ」内部の様子

「大使館カジノ」・・・治外法権が適用される某国の敷地内で運営されている裏カジノ。オレも今まで何度かお誘いが来たことがあるのだが

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
376

【穴】名義人社長を務めた裏カジノ店舗で存続をかけた最後の1,000万円

名義人社長をしながら、通常のキャッシャー業務を行っている訳だが、裏カジノ店舗自体が閉店してしまえば毎月のオレの給与は約束される

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
282

【穴】せっかくだが新宿歌舞伎町の裏カジノ店舗をオレはやめるぜ!

新宿歌舞伎町での裏カジノ勤務は横浜から通うには少し遠い。車での通勤には高速代やガソリン代、駐車場代がかかりすぎるし、何処で渋滞

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
188

【穴】裏カジノ店は常に摘発の危険ととなりあわせ

オレが1994年にカジノディーラーとしてデビューした裏カジノ店舗では、「急遽、本日はクローズさせていただきます。」という日があ