ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】店ぐるみでVIP客をはめる「バカラ大会」開催

level006
451

オレたちが使う言葉で「ポン箱」、、、店ぐるみで行う「タテ」のポンコツ裏カジノ店舗だが、オレはこの「ポン箱」でポンコツ技術を磨く事を心に決めていた。

手始めに「バカラ大会」と称したある一人のVIP客をはめるお仕事に携わる事になった。

コレは裏カジノ店舗にVIP客ただ一人を呼んで、多額を抜き取ることだ。

このVIP客を呼ぶために様々な手を施して店に呼び来んでいき、店内には客を装った店側の「すわり(さくら)」が7、8名待機している。そしてオレたちポンコツ従業員たちがポンコツバカラのための組みカードブチ込んでおく。

場面には$5,000や$10,000以上のチップを持った「すわり(さくら)」たちが勝負をしているような雰囲気をつくり、訪れたVIP客が本当の場面なのだと思わせていく。

すべてがVIP客をハメるために仕組まれている訳なので、当然ながらこの先すべての当たる方が分かっている。勝ったり負けたりをしながら負ける役、勝ち上がる役を演じながら場面は熱くなっている様子になっていく。

当然、VIP客は現金をだして勝負を始めていくが勝てる見込みはある訳がない。

勝たせてあげたり、負けさせたりをしながら多額の勝負どころをガッポリと吸い込んで、気のない薄めのBETで連勝させていきながら追い銭をさせていく。

初回30万円のチップはすぐに溶けていき、50万円、100万円とVIP客から吸い取っていく。

お客さんはVIP客だけなのでいくら吸い取れるかがオレたちの勝負どころになる訳だ。

VIP客といえども数百万を持ち歩くことも少ないため、ココは店側からチップの貸し出しを行う。200万、300万円と金額が膨らめば賭け金も当然上がっていき、最終的には千万単位の借金がここで生まれることに繋がるのだ。

そして、生まれてきたこの借金をヤクザ組織の看板を活用してキッチリと回収していく。この回収されたお金からオレたちの配当が生まれ、それぞれの役割に応じたお金が手元に入ってくるのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
499

【穴】どんなに発達したメカを導入しても周りの協力が欠かせないワケ

メカを使用していくポンコツは手作業で行うポンコツと違った手間が生じてくる。 メカの場合はとにかく大事なのが場面へとブチ込むカー

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
519

【穴】「ポンコツ」防止のさらに上をいく「ポンコツ」ディーラーの技

最近は当たり前のことだが、2000年を過ぎた辺りから場面上でシャッフルに入る綺麗に並んでいるカードをそのままシャッフルすること

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
448

【穴】修羅場覚悟の六本木裏カジノ「ポンコツ」騒動の結末

オレのポンコツ仲間と一緒に侵したポンコツがとある六本木の裏カジノ店舗でバレた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino338

【穴】六本木「大使館裏カジノ」には次から次へと金持ちが来る

大使館裏カジノに勤め出してから、約1ヶ月以上が経過した頃、シンガポールへ移住をしばかりの、仲良くしている隣の家族が住んでいてい