ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】修羅場覚悟の六本木裏カジノ「ポンコツ」騒動の結末

level006
448

オレのポンコツ仲間と一緒に侵したポンコツがとある六本木の裏カジノ店舗でバレた。

オーナーに呼び出され、軽い脅し言葉にビビっていたオレはこの事実を隠し通す事は難しいと判断し素直に認め謝る事にした。どれくらい痛い目に合うのかは分からないがある程度の覚悟を決めての選択なのだ。

幸いなことにオレたちの二人の「すわり(さくら)」のうち、一人が察知して持っていたチップをすべて溶かして(なくなる)くれたので、実質この時のポンコツは初回に変えた20万円のチップ分がマイナスで終了している。

ということは、店舗側からすれば20万円のプラスになったことになる。

この状況をこの時のオレは知らなかったが、オーナーにはすべて情報が入っている。

オーナーはオレに対して、鋭い目つきでオレのしたことがどれほど重大な事なのかを問い詰めてくる。そしてこれが他の店舗だったらどういうオトシマエになるのかを凄味ある話し方で教えてくれているが、いっこうにオレを攫っていく様子が見えてこない。

「ん!?」。。。

もしかして、オーナーはオレを許してくれるのか?

オーナーは今回の件をこの日1日分の給与無しという寛大な処置で収めてくれたのだ。殴られたり蹴られたり、賠償金の支払いという覚悟をしていたオレは助かったとすべての筋肉が緩んでいく。

実は、、、オーナー率いるこの店舗、、、「タテ箱」だったのだ。。。

「タテ箱」というのは店ぐるみでポンコツをかけて、様々な手段を使いお客さんからお金を巻き上げるという裏カジノ店舗。コレに対してオレたちがやっているポンコツは「ヨコ」と言い、店舗側、お客さんからお金を抜いてオレたちの肥にしていく。

このオーナー率いる従業員たちで、この事実を知っているのが殆どで知らないのはオレたちだけだったようだ。まさに、「同じ穴の狢」なのでオレたちのやろうとしているポンコツはお見通しということなのだ。

こうして「ヨコ」であるポンコツはこの店舗ではできない事を知り、逆に、この「タテ箱」のポンコツ知識を学んでいくことになる。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
375

【穴】名義人社長として働いていた裏カジノ店舗のマイナス経営による危機

名義人社長を兼任しながら通常のキャッシャー業務を行い、毎月75万円の給与でお金のことにも落ち着きをみせてきた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
377

【穴】名義人社長を務めていた裏カジノ店舗倒産後の身の振り方

オレの就職先が倒産した。。。名義人社長という体で臨んでいたこの裏カジノ店舗。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino2

【穴】長年プロカジノディーラーとして勤務した裏カジノ界をもうすぐ引退する

大使館裏カジノ。ここがオレにとってプロのカジノディーラーとして働く、裏カジノ界で最後の店舗になるといっても、やる事はそんなに変

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
371

【穴】月給45万円のために小さなセキリティ万全のハコの中で過ごす生活

裏カジノ界へ復帰したこの店舗での任務はキャッシャー。キャッシャーの小さな小窓から見える景色とカジノゲームが行われているモニター