ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「ガン付きカード」のポンコツで1日200万円を目撃。店舗が潰れる

level006
434

「ガン付きカード」による初歩的なポンコツを見る事になったのは、六本木のとある裏カジノ店舗。

この裏カジノ店舗には二組のポンコツグループが存在しており、どちらもお互いのことを認識しているが店側はこの事を全く知らないため、お互いがポンコツをかけてそれぞれの肥にしている状況。

オレの立ち位置としては先輩の紹介で入ったことで、先輩側のポンコツチームに属していることになるが、「ガン付きカード」を入れたポンコツチームはもう一方だった。

そちら側のディーラーがサインを施したカードを場面にブチ込み、「すわり(さくら)」がサインを読み取って店側からお金を抜き取る手法で、オレたちは状況を見ているうちにこのポンコツに気がついた。

「すわり(さくら)」の勝ち上がり方が普通ではないと感じたこともあり、よく観察していると賭ける前には目線がカードに集中している気がして何かを読み取ってからベットしている。

「すわり(さくら)」は、帽子を深くかぶっているがその奥に潜んでいる目はギラギラとしており、何かを企んでいる感じだった。

いくつかの勝負どころでは多額の賭け金を入れて必ずモノにしているため、30万円から始めた資金はあっという間に200万円を越えていく。

オレの属するポンコツチームも同じ穴のムジナなため、この匂いはすぐに嗅ぎ取れたが、何もする事ができない。

ただただ、場面を見守り増えていくチップを眺めて、どれくらいの金額を抜いてどれだけの配当になるのかだけが気になる。

店側は全くの素人オーナーから任された、ポンコツ知識の少ないディーラー上がりの責任者。

店が弱いという思いにかられてか、場面途中でメインディーラーを変えてみるが、入っている「ガン付きカード」は変えることができない。

そのため、この日の店舗は300万近くのガミ(負け、マイナス)が確定し、責任者はオーナー側からドヤされていくことだろう。

オレは個人的にもう一方のポンコツチームであるディーラーとも仲良くしていたことから、この場面が終わった翌日に種明かしを聞いて納得ができた。

この店舗でのポンコツはオレたちともう一方のチームで食い尽くされて、数日後には赤字経営なために閉まっていくこととなった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino335

【穴】千万単位で負けるVIP客も珍しく無い「大使館裏カジノ」内部の様子

「大使館カジノ」・・・治外法権が適用される某国の敷地内で運営されている裏カジノ。オレも今まで何度かお誘いが来たことがあるのだが

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
521

【穴】「ポンコツ」の知識を付けてきたお客さんにも怪しまれない「ポンコツ」方法

お客さんの目を盗んでの「ヤキソバ」をしなかったり、「ポン替え」をしたり、シャッフルによる組みカードの作成をしたり、「インチョン

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
265

【穴】六本木交差点の裏カジノでバカラディーラーとしての腕を磨く

横浜でカジノデビューをしてから、赤坂の裏カジノ店で東京の裏カジノ事情を把握したオレは、この業界は横のつながりが大切だということ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
373

【穴】オレのところに舞い込んできた裏カジノの名義人の仕事

裏カジノ界へ復帰してキャッシャー業務に入りだしてから半年ほどにひとつの転機が訪れた。