ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「一枚噛み」に続き「ガン付きカード」の「ポンコツ」まで登場

level006
432

裏カジノ店舗で暇な時間帯には、いつものように52枚のワンデッキをもって空いているテーブルに座り、「一枚噛み」の練習をしていて、いつの間にかカードが1枚づつきれいに合わさっていた。

シャッフルをするというよりも、カードを少し差し込んだ感じで指をカードにならせていくような感覚だった。

下の数枚がキレイに入ったら、残りはスラスラっと最後まで合わさっていくかんじだろうか!?

コレを続けざまに8回を行ってみると、あら不思議!? 元通りの最初の並びに戻っていった。

カードを左右野手に26枚づつキッチリと半分で分けて、スペードのエースを一番下にしながらいけば間違いなく元の並びに戻っていく。

一回のシャッフルでは上手くいかない方が多いため、何度もカードを抜き取りやり直していくのだが、コレを確実に1枚づつ入れて、実践で使えるようになるまではまだまだ時間がかかりそうだ。

少しの進歩がオレのヤル気を向上させてくれる。。。

そんなとき、新たな面白いポンコツ話を聞き入れることになった。

通常、裏カジノ店舗でのメインゲームは「バカラ」なので、このバカラゲームをしているカードにある細工をしていくと言う。

オレたちの間ではコレを「ガン付きカード」(つまり、カードにサインが入っているカード)と呼ぶのだが、手品のような摩訶不思議な事でも種明かしをされると簡単なことなのだ。

バカラゲームでは数字が書かれていない表側の色は赤か青のカードなのだが、この「ガン付きカード」には同じような赤、青の色鉛筆でよく見ないと見えない場所へ印がついている。

この色鉛筆で記された場所によって「1、2、3」、、、「8、9」、、、「10、J、Q、K」、、、サインが無いのが「4、5、6、7」と記されている場所で分かるようになっている。

この「ガン付きカード」を実際の場面で使用するとどうなるのか!?

あの当時はお客さんが賭ける前にプレイヤー、バンカーのカード4枚を先に出して良い店舗も多く、出されたカードのサインを見てから賭ける事ができるというポンコツなのだ。

もちろん、、、確率での勝負でもあるが、100%の時もあるのでかなり勝率は高いといけるだろう。

この時はまだコレを実践で見ている訳はなく、話の中だけのモノだったのだが、コレを実践で見られる日がいよいよ来たのだ。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
458

【穴】新しい店舗でイチから信頼を築き「ポンコツ」を仕掛けていく

オレのポンコツの技術が追いつかないうちに、オーナーの裏カジノ店舗はクローズとなってしまった。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
191

【穴】警察は本当に、裏カジノ店にとって敵なのか!?

日本ではカジノは合法的ではないため、日本裏カジノ界にとって警察は敵と考えても間違いではない。年に数回は主要都市で、カジノ摘発の

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino337

【穴】大使館裏カジノはどんな場所に入っているのか?本邦初公開

オレが勤め始めた「大使館裏カジノ」は、オーナーが居抜きで買い取った物件となり、新たに作り上げた店舗ではない。とある国の大使館で

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
429

【穴】「ポンコツ」のお陰で月給が200万円を突破した

「スゴ技」である「1枚噛み」で交互に入れていくシャッフルを練習しているなかでも、オレたちのポンコツは続けている。