ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「組カード」の「ポンコツ」で左右のカードを1枚ずつ噛み合わせる

level006
423

「組カード」の「ポンコツ」で、「もどり」という知識を入れ込んだオレたちは、水を得た魚のように、ますます「組みカード」を使用したポンコツに励むこととなった。

オレたちポンコツディーラーは、組みカードを場面に入れることを「ポン替え」と呼ぶ。

場面上でポケットにしまい込んでいた「組カード」よ、真っ新なニューカードを「ポン!」と入れ替える。。。

「ポン替え」で次回の当たりが分かるゲーム数は約20回。

場面が熱くなる最後の方に出ることが好ましいので、当たりが分からないところは、低めの賭け金で様子をしながらその場のお客さんが盛り上がってきた最後に大きく勝ち上がるのだ。

数回の「ポン替え」場面を経験したオレは、要領を覚えていき、悪いことをしている罪悪感が薄れてきて肝が据わったようになっていく。

「ポン替え」でポケットにしまい込んだ真っ新なカードは、自宅へと持ち帰り次回の組みカードへと変えていくのだ。

こうしてポンコツをしていくうちに、更なるポンコツの知識を肥やしていく。

裏カジノディーラー仲間同士の話の中で、シャッフルをする時に左右に分けたカードを交互に1枚づつ入れていくという「スゴ技」を知った。

通常のシャッフルは、ワンデッキ(52枚)のカードを上から半分にとり、左右の手にある26枚のカードを両親指を上に上げながら、左右のカードの角を合わせて中に差し込んでいく。

このシャッフル中に、左右のカードを、交互に1枚づつ噛み合わせていくというのだ。

この時のオレのシャッフルでは2、3枚ずつのカードを、バサバサと合わせられるくらいで、多い時には5、6枚が重なってしまいとてもではないが、1枚づつの交合になんて出来るレベルではなかった。

ニューカードのワンデッキ(52枚)は、カードを伏せた状態で下から、スペードの1~K、ダイアの1~K、クラブのK~1、ハートのK~1というふうにキレイに揃っているのだが、「スゴ技」の1枚噛みをすると、8回のシャッフルを行うだけで元通りの並びに戻るという。

オレにはまだ、この「スゴ技」が出来ないので、試しに1枚づつゆっくりと入れながらやってみると、最初の並びに戻ることはなかった。

あの話はガセネタなのかと思ったが、何回か試しているうちに気がついたことあったのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
279

【穴】不覚にも韓国人ママの裏カジノ店舗で立ってしまった・・・

2度目の六本木の裏カジノ店舗ではチーフディーラーという役職をもらうことはできたが、大勢のヤクザたちに囲まれ、店のイメージも悪く

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
471

【穴】「ポンコツ」に近代化の波、、、「メカ」時代の到来

新たなポンコツは近代化に合わせて巧妙なトリックが施される時代へと変わり始めていた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
447

【穴】ついに「ポンコツ」がバレ、ヤクザのオーナーに呼び出される…

ポンコツ人生で初めての修羅場となる日がやってきてしまったのだ。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】裏カジノの名義人社長で毎月プラス30万円をもらう道を選ぶかどうか?

本当にオレが裏カジノ店舗の名義人の仕事ををやるのか!?この名義人社長をやるとすれば報酬は名義料として毎月30万円がもらえる。