ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「組カード」の「ポンコツ」で左右のカードを1枚ずつ噛み合わせる

level006
423

「組カード」の「ポンコツ」で、「もどり」という知識を入れ込んだオレたちは、水を得た魚のように、ますます「組みカード」を使用したポンコツに励むこととなった。

オレたちポンコツディーラーは、組みカードを場面に入れることを「ポン替え」と呼ぶ。

場面上でポケットにしまい込んでいた「組カード」よ、真っ新なニューカードを「ポン!」と入れ替える。。。

「ポン替え」で次回の当たりが分かるゲーム数は約20回。

場面が熱くなる最後の方に出ることが好ましいので、当たりが分からないところは、低めの賭け金で様子をしながらその場のお客さんが盛り上がってきた最後に大きく勝ち上がるのだ。

数回の「ポン替え」場面を経験したオレは、要領を覚えていき、悪いことをしている罪悪感が薄れてきて肝が据わったようになっていく。

「ポン替え」でポケットにしまい込んだ真っ新なカードは、自宅へと持ち帰り次回の組みカードへと変えていくのだ。

こうしてポンコツをしていくうちに、更なるポンコツの知識を肥やしていく。

裏カジノディーラー仲間同士の話の中で、シャッフルをする時に左右に分けたカードを交互に1枚づつ入れていくという「スゴ技」を知った。

通常のシャッフルは、ワンデッキ(52枚)のカードを上から半分にとり、左右の手にある26枚のカードを両親指を上に上げながら、左右のカードの角を合わせて中に差し込んでいく。

このシャッフル中に、左右のカードを、交互に1枚づつ噛み合わせていくというのだ。

この時のオレのシャッフルでは2、3枚ずつのカードを、バサバサと合わせられるくらいで、多い時には5、6枚が重なってしまいとてもではないが、1枚づつの交合になんて出来るレベルではなかった。

ニューカードのワンデッキ(52枚)は、カードを伏せた状態で下から、スペードの1~K、ダイアの1~K、クラブのK~1、ハートのK~1というふうにキレイに揃っているのだが、「スゴ技」の1枚噛みをすると、8回のシャッフルを行うだけで元通りの並びに戻るという。

オレにはまだ、この「スゴ技」が出来ないので、試しに1枚づつゆっくりと入れながらやってみると、最初の並びに戻ることはなかった。

あの話はガセネタなのかと思ったが、何回か試しているうちに気がついたことあったのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
363

【穴】裏カジノディーラー時代に着ていたグッチスーツに身を固め中古車輸出会社に出勤

裏カジノディーラ引退後、中古車輸出ディーラーを極めるために小さな中古車輸出会社で修行を積む決断をしたオレ。。。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
356

【穴】 新宿高級ホテルのスイートでの臨時カジノディーラーオファー

意外なところで、、、オレたちがこれから裏カジノ店舗を新規オープンさせようとしている場所で、久しぶりに西の大物ヤクザの「M氏」と

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
498

【穴】高額メカの導入で「ポンコツ」に新たな進歩が

チップまわしから始まったオレのポンコツは、かなりのレベルまで上がってきた。 チップまわし、組みカードをつくって「ポン替え」、シ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
267

【穴】東京進出したカジノディーラーライト繁盛裏カジノ店で勤務開始

1994年にカジノディーラーとしてデビューしたオレは、この年の瀬には東京都内中心地である港区の裏カジノ店にいた。 老舗のカジノ