ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】調子に乗って裏カジノで「ポンコツ」していたら黒服に疑われた

level006
412

初回の裏カジノでのポンコツからうまくいってしまったオレたちは味をしめてしまった。

大した苦労もせずに、たった一度のポンコツで20万円以上のお金がオレの自由になってしまう。

ノーマル・ディーラーとしてのスキルを身についてきたオレには、毎日の場面は退屈になってきており、次回のポンコツで、どのくらいのお金を抜き取れるか!?ばかりを考えており、オレの懐にいくらのお金が流れてくるのか!?コレばかりを考えるようになっていた。

ディーラーとしての仕事はポンコツをするための手段としかみておらず、次の収入でアレを買おう!コレは支払いをしておこう!そして、、、大好きな博打へと無駄銭を使ってしまう。

数回のポンコツで給料と合わせて月収100万円を超して、オレの生活は一変していく。

都内の裏カジノ店舗でディーラーとして信頼を得るには、成績を残しておくことがかなり大切。

ポンコツを行うということは、オレの場面上のテーブルチップからチップを横流しするので成績上はマイナスすることが当たり前になってしまう。

そのため、ポンコツをしない普段の場面上では、いつも売上に貢献しておく必要がでてきて、負ける事が少ないようにしていく必要がある。

もちろんコレを左右するのは運なのかもしれないが、オレは生まれ持った強運でしのげていた。

ディーラーとして負けないように、場面を読みながらお客さんをコントロールする器量を身につけてどんどんと店側からの信用も得てきている。

そして、ポンコツを行う時には大きく負けても、「たまにはしょうがない!」と大目に見てもらうことになるのだ。

調子にのっては「すわり(さくら)」を呼んでは勝たせてチップを増やしていくのだが、オレたちのしょっぱいこのイカサマに気がつき始めている黒服もいた。

場面から出てきたオレに「お前、何かしていただろ!」といきなり言われ、オレの心臓がバクバクと音をたてさせられた。

「マジかぁ!?」。。。

「バレたかぁ!?」。。。

人生初のポンコツをかけた最初の裏カジノ店舗でいきなり疑われることになり、オレは動揺を隠す事だけで精一杯だった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
472

【穴】「ポンコツ」でも重宝されていたのは携帯電話だった

単発のポンコツ仕事では、、、リスクも大きく身の危険も感じながらの戦いではあるのだが、その分の見返りとした報酬額は大きくなる。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
425

【穴】20ゲーム分の連勝が約束されている「組カード」を使用したポンコツ

「組みカード」を使用した「ポンコツ」には勢いがあり、短時間で爆発的にチップを増やす事が可能になる。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
511

【穴】「ポンコツ」ディーラーの度胸を身につけるためには実践しかない

「ツリ」用の組みカードにはいくつかの決めごとがあり、1枚目をツる事によって勝敗を逆にすることが出来るが、1枚嚼みシャッフルで作

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
376

【穴】名義人社長を務めた裏カジノ店舗で存続をかけた最後の1,000万円

名義人社長をしながら、通常のキャッシャー業務を行っている訳だが、裏カジノ店舗自体が閉店してしまえば毎月のオレの給与は約束される