ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】調子に乗って裏カジノで「ポンコツ」していたら黒服に疑われた

level006
412

初回の裏カジノでのポンコツからうまくいってしまったオレたちは味をしめてしまった。

大した苦労もせずに、たった一度のポンコツで20万円以上のお金がオレの自由になってしまう。

ノーマル・ディーラーとしてのスキルを身についてきたオレには、毎日の場面は退屈になってきており、次回のポンコツで、どのくらいのお金を抜き取れるか!?ばかりを考えており、オレの懐にいくらのお金が流れてくるのか!?コレばかりを考えるようになっていた。

ディーラーとしての仕事はポンコツをするための手段としかみておらず、次の収入でアレを買おう!コレは支払いをしておこう!そして、、、大好きな博打へと無駄銭を使ってしまう。

数回のポンコツで給料と合わせて月収100万円を超して、オレの生活は一変していく。

都内の裏カジノ店舗でディーラーとして信頼を得るには、成績を残しておくことがかなり大切。

ポンコツを行うということは、オレの場面上のテーブルチップからチップを横流しするので成績上はマイナスすることが当たり前になってしまう。

そのため、ポンコツをしない普段の場面上では、いつも売上に貢献しておく必要がでてきて、負ける事が少ないようにしていく必要がある。

もちろんコレを左右するのは運なのかもしれないが、オレは生まれ持った強運でしのげていた。

ディーラーとして負けないように、場面を読みながらお客さんをコントロールする器量を身につけてどんどんと店側からの信用も得てきている。

そして、ポンコツを行う時には大きく負けても、「たまにはしょうがない!」と大目に見てもらうことになるのだ。

調子にのっては「すわり(さくら)」を呼んでは勝たせてチップを増やしていくのだが、オレたちのしょっぱいこのイカサマに気がつき始めている黒服もいた。

場面から出てきたオレに「お前、何かしていただろ!」といきなり言われ、オレの心臓がバクバクと音をたてさせられた。

「マジかぁ!?」。。。

「バレたかぁ!?」。。。

人生初のポンコツをかけた最初の裏カジノ店舗でいきなり疑われることになり、オレは動揺を隠す事だけで精一杯だった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】裏カジノの名義人社長で毎月プラス30万円をもらう道を選ぶかどうか?

本当にオレが裏カジノ店舗の名義人の仕事ををやるのか!?この名義人社長をやるとすれば報酬は名義料として毎月30万円がもらえる。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
109

【穴】ホール黒服の業務2 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

日本の裏カジノの中で、ホールの黒服の業務は重要だけに大変だ。 お客さんのチップが減ってくれば、当然八つ当たりもされるし、怒りの

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
450

【穴】修羅場から一転。ヤクザオーナーの元で「タテのポンコツ」を学ぶ

オレ達が行っていたポンコツは「ヨコ」であったこともあり、本来のポンコツである「タテ」のポンコツ知識をあまり分かっておらず、自ら

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
205

【穴】日本に合法カジノができても裏カジノが滅びない理由

裏カジノ界では、顧客を取り込むためにサービスという形でお客に還元をしている。 10万円のチップを買えば、1万円のサービスがつい