ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】プロカジノディーラー人生の最後を赤坂大使館カジノで迎える

level006
casino

最後の裏カジノ店舗となる大使館裏カジノで勤めている頃。オレの家の売却期日も訪れている。

家にあるすべての荷物の整理と実務をこなしながら、マレーシア・ペナン島へ向かう日も決定した。

必要な荷物は海外引越業者に依頼して送る手配を済ませたが、処分するモノ、海外に持ってはいけないモノを仕分けしていく。

大きなタンスやダイニングテーブルなどは、かなりの費用かけて揃えたため捨てる事はもったいなくてできないので、嫁さんの実家の一部屋に置いておくことにした。

寒くなり始めた11月のある日に嫁さんが使っていた部屋を片付けながら、このタンス、ダイニングテーブル、電子ピアノなどの大荷物を引越業者に依頼して運び出した。

オレたちが旅立つ日は2011年12月中旬なのだが、家の売却期日は11月いっぱいとなっており、少しの間は桜木町のホテル暮らしをしながら大使館裏カジノがある赤坂まで通っていく。

オレが初めて購入した家には大型のスーツケースを4つだけ残して、残りの荷物は片付けられていくとなんだかとても虚しい気持ちにさせられる。

約8年間住んでいた部屋に家族5人で別れを告げて翌日の売却契約日を迎えた。

この売買契約が済むと、オレの口座には数千万円が残ることになり、他の株や先物、FX資産も現金化して、この全財産をもってマレーシア・ペナン島へと旅だっていく事になったのだ。

こうして身軽な状態になり裏カジノ界の引退を残すだけとなっていった。

2011年12月の上旬、赤坂にある大使館裏カジノを最後に、現役ディーラーが最後となるのだ。当然ながら店舗側には最初からキチンと説明もしているため問題なくキレイに辞める事ができる。

そしていよいよ、オレの裏カジノ店舗プロディーラー人生、最後の日がやってきた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
200

【穴】カジノ店側の都合でカジノ店を警察に摘発してもらう理由

あってはならないはずの裏カジノ店とガッチリ組んだ形の、警察による摘発の「出来レース」。 起こる理由としてあるのは、昨日の記事で

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino337

【穴】大使館裏カジノはどんな場所に入っているのか?本邦初公開

オレが勤め始めた「大使館裏カジノ」は、オーナーが居抜きで買い取った物件となり、新たに作り上げた店舗ではない。とある国の大使館で

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
202

【穴】間一髪、カジノ店での摘発を免れたオレの実話 その1

オーナーからの指示である新天地での裏カジノ店舗を任されていた時のことだ。オレのところにも、警察による摘発の手は及んできた。 オ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
377

【穴】名義人社長を務めていた裏カジノ店舗倒産後の身の振り方

オレの就職先が倒産した。。。名義人社長という体で臨んでいたこの裏カジノ店舗。