ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】浦島太郎!?が体験した現代のポンコツ「パーム」

level006
542

オレが知らなかった「●ー●」の存在。。。

「パーム」。。。

手品用語で使用されているこの「パーム」。

「手の中にものを隠し持つ」という意味なのだが、コレはディーラーの手にカードを隠してしまうこと。

まさに、、、裏カジノでのポンコツはマジシャンにでもなったようなことでもある訳だ。

どういうことかと言えば、、、本来は場面上でシューターからカードを出してゲームを始めるのだが、手に隠したカードをゲームのカードに付け足して行っていく。

一般的なのが1枚目のカードとして手に隠したカードを、いかにもディーラーが「シューターから出しましたよ!」的な行動をしながらそのカードを使用してゲームをスタートさせてしまうシロモノ。

これによって勝敗を逆にすることができるのだ。

なぜ勝敗が逆にできるかと言えば、次に出てくるすべてのカードが分かっているからこのカードを出せばターゲットの賭けたチップを吸い取れることになる。

ターゲットがチップを賭ける瞬間に「パーム」をするのか!? しないのか!? を考えてディーラーが行う。カードが出てくるシューターを見ながらチップを賭けるお客さんは少ないのでココにチャンス生まれてくる。

こうしてターゲットをうまくハメ込んで多額を負けてもらう訳だ。

では、、、「パーム」をするときに手に隠すカードはどこから出てくるのか!?

その答えは実にシンプルだった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
421

【穴】裏カジノバカラの場で仕込んだ「組カード」の具体的な使用方法

恥ずかしながら、、、この時に使用していた組みカードには「もどり」がついていなかった。 「もどり」というモノは、、、バカラで組み

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
268

【穴】1,000万円でプレーするVIP客@都内赤坂の裏カジノ店舗

港区赤坂の裏カジノ店舗へ車で通う毎日がスタートしていったが、オレの勤務が始まる時間は夕方5時。 1時間半前には家をでることにな

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
432

【穴】「一枚噛み」に続き「ガン付きカード」の「ポンコツ」まで登場

裏カジノ店舗で暇な時間帯には、いつものように52枚のワンデッキをもって空いているテーブルに座り、「一枚噛み」の練習をしていて、

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino145

【穴】プレイで10%のサビ カジノディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

カジノ遊びをするのであれば、遠くの海外よりもコンビニ感覚でいける日本の裏カジノという考え方を持つ人が多いことで、日本裏カジノ界