ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】ディーラーの度胸がカギを握る「ちぎり」のカラクリ

level006
540

オレがやったことないポンコツ「ちぎり」。。。

話だけでは分からないため謎解きをしてもらうことにした。

バカラゲームでの場面中、次回の勝敗が分かっている状態で1枚のカードを「ちぎる(抜く)」ことによって勝敗を逆に変えることができること。

ターゲットが当たりに賭けたとすれば、、、「ちぎる(抜く)」ことでハズレに変えさせてしまおうというのだ。

実際に場面上でコレを行うのは相当な度胸がいるだろう。

すべてのお客さんが集中している場面上で、シューターからカードを抜き取ってしまうのだから。。。

ポンコツ経験の浅いヤツや心臓の弱いヤツにはむかないポンコツかもしれないが、多分、オレならやってのけられるだろうが、それは現役時代の話で今はもう無理だろう。

お客さん側からすると”ちぎ”られたら、まず勝つことは難しい。

そうりゃそうだろう、、、当たりをハズレにさせられる訳だし、お金がいくらあっても足りるわけがない。

オレは日本の裏カジノ店舗でポンコツの心配がない店は2割程度だと考えている。

殆どの店舗がポンコツを入れているので「ツリ」やら、「ちぎり」やら、「押し出し」やらを入れられるため、裏カジノ店舗には行かないことにこしたことがない。

だがポンコツは、コレだけではなく、オレの知らない「●ー●」の存在があったのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
422

【穴】裏カジノ店舗のマイナスを防げる理想的なバカラ「ポンコツ」での流し方

はじめての組みカードを、ブチ込んでポンコツをかけてみると、次回のゲームの「当たり」が分かるのはかなり有効的なことに気がつく。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
375

【穴】名義人社長として働いていた裏カジノ店舗のマイナス経営による危機

名義人社長を兼任しながら通常のキャッシャー業務を行い、毎月75万円の給与でお金のことにも落ち着きをみせてきた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
188

【穴】裏カジノ店は常に摘発の危険ととなりあわせ

オレが1994年にカジノディーラーとしてデビューした裏カジノ店舗では、「急遽、本日はクローズさせていただきます。」という日があ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
499

【穴】どんなに発達したメカを導入しても周りの協力が欠かせないワケ

メカを使用していくポンコツは手作業で行うポンコツと違った手間が生じてくる。 メカの場合はとにかく大事なのが場面へとブチ込むカー