ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】現役引退後、目の当たりにする「ポンコツの進化」

level006
538

まぁ、これまでポンコツについて色々と語ってきたわけだが、今となってはもう時代遅れのポンコツなんだろう。

オレが現役を離れたのは二人目の子供が誕生した頃だった。その長男が今年で9歳になるのだから当然ポンコツも進化しているだろう。

引退後の生活が裏カジノ現役の頃と同じ生活レベルをしていたこともあり、蓄えていた銭の減り方も早かった。そのためか、その後にもちょこっとだけヘルプ的な裏カジノ店舗での仕事の依頼もあり手伝っていたこともあった。

その時点でもオレが今までに書き込んできたポンコツにも変化は生じていた。。。

とある裏カジノ店舗で仕事をしていると、聞き慣れない言葉を耳にする。

基本的にポンコツディーラーは、「タテ箱」以外の店ではポンコツであることをさらけ出すことはあり得ない。

自らが「オレは悪いディーラーだ!」なんていうはずがない。

だが、そいつの手つきや行動、言動、今まで在籍していた裏カジノ店舗の中にヒントが隠されており、そいつが「ポンコツディーラーかもしれない!?」というのが空気で分かってくる。

知らず知らずの間にこの空気を感じ取り「同じ穴の狢」だと気がついていく。

こうしてポンコツディーラーなのかがハッキリすると、逆に打ち解けていき過去の話に盛り上がり仲が深まっていく。

その話の中からオレの知らないポンコツ用語が気になった。

「●●り」。。。

「●ー●」。。。

「一体なんなんだぁ?!」

オレにはコレの意味が理解できなかったのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
189

【穴】裏カジノ店の警察からの摘発までの流れ その1

「カジノ店摘発」のニュース、年に数回はテレビやインターネット上から流れてくる。 日本裏カジノ界にとっては痛いことなのだろうが、

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
432

【穴】「一枚噛み」に続き「ガン付きカード」の「ポンコツ」まで登場

裏カジノ店舗で暇な時間帯には、いつものように52枚のワンデッキをもって空いているテーブルに座り、「一枚噛み」の練習をしていて、

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
497

【穴】「ツリ」のし過ぎでオープン3カ月で店を閉店させる。。

実践での「ツリ」はヤバかった。 狙ったターゲットを仕留めて思った通りの結果を出す事が可能だった。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
199

【穴】警察に手柄を立てさせるため裏カジノ店を摘発させることもある

裏カジノ界では、警察からの摘発に関する情報がなければ店舗の存続はままならない。 言うまでもなくこの類の情報を得られないカジノ店