ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】大きな系列の裏カジノ店舗で働いて感じること

level006
389

大きな系列の裏カジノ店舗で働いていると安心できることがたくさんある。

裏カジノ界で働く者にとって一番怖いのはやはり、警察による摘発の恐れではないだろうか!?

裏カジノ店というものは非合法ゆえ、店内で仕事中に、いつ警察が踏み込んできてもおかしくない状況におり、摘発されれば、そのまま警察へと連行され厳しい取り調べを受け、勾留を余儀なくされてしまい、そのまま起訴されるという厳しい現実も考えらなくはない。

この裏カジノ店舗では、警察上層部へ多額の資金を流しているため、事前に情報が入ってくるために、摘発される心配がない。

つぎに、店舗が資金不足で閉店に追いやられる心配もないため、仕事先が倒産する様なことも考えられない。

確かに裏カジノ界のオーナーは、カジノ店舗での収益を湯水のように流出していくのだが、この莫大な収入源を捨ててまで無茶なことはしない。

大きな系列店になればなるほど、資金管理もなされているため、万が一摘発にあったとしても、次の店舗が用意されているので、仕事先が無くなることはないだろう。

こんな淀んだ世界で働いていても、収入の安定はサラリーマンと同じ気持ちでいるのだ。

そして、ここへ通ってくるお客さんたちも、大きな系列店は安心だと勘違いして通ってくる。

大きな店舗ほど客数も多いためいつでも場面ができている。

特にバカラゲームは、一人でしても面白いモノではない。当然ながら一人が好きな人もいるのだが、殆どの人は誰かがいる場面を好み、数人でゲームを楽しんでいるし、己の身の丈にあった場面があるため、たくさん賭けたい人は大きな場面へと移っていく。

基本的に「バカラ」は、お客さん同士で張り合いながら行うゲームなので、敵対相手を探しながら勝つことを楽しんでいくのだ。そしてお金が増えればこの上ない喜びを噛みしめて ドツボ にハマっていく。

大きな裏カジノ系列で働くことで、今まで見えていなかったことも見えてきて、オレの裏カジノ人生に刺激をもたらせてくれている。

まさか、30歳を過ぎても現役の裏カジノディーラーとして働くことはないと思っていたが、やってみるとできないことではなかった。

正直、「裏カジノ店舗を仕切ってきたオレが今さらペーペーの仕事なんて…」と心の中で呟いていたが、お客さんがたくさんいる、熱い場面を仕切るのは楽しくてしかたがない。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
450

【穴】修羅場から一転。ヤクザオーナーの元で「タテのポンコツ」を学ぶ

オレ達が行っていたポンコツは「ヨコ」であったこともあり、本来のポンコツである「タテ」のポンコツ知識をあまり分かっておらず、自ら

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
507

【穴】「ポンコツ」店は「ポンコツ」知識のある客に目を光らせている

「ツリ」による強力な武器を身につけたオレのポンコツレベルはかなりの勢いで上昇することができた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
189

【穴】裏カジノ店の警察からの摘発までの流れ その1

「カジノ店摘発」のニュース、年に数回はテレビやインターネット上から流れてくる。 日本裏カジノ界にとっては痛いことなのだろうが、

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
518

【穴】今まで培ってきた「ポンコツ」の技術を後輩たちに伝承する

今までの約十年間散々とポンコツディーラーをしてきたオレたちが、可愛がっている後輩たちにも稼がせる道を与えるために今まで培ってき