ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】裏カジノ業界のバカラのルールにも変化が見られた

level006
casino

現役ディーラーとしてブランクがあった数年間の間に、日本裏カジノ界でも変化が起こっていた。

世界のカジノでは、様々なゲームがあり、華やかな場所という印象だが、日本では「バカラ」専門の裏カジノ店舗が殆どになってきており、初回お買い上げ時のサービスチップや帰宅時のアウトコミッションも各店舗ごとに差が出始めて来ていたのだ。

サービスチップで言えば、オレがディーラー全盛期の頃では、10万円のお買い上げで1万円のサービスチップ1枚というのが普通であったが、、、

このサービスチップも、以前なら外れるまで何度も使えるチップだったのが、一度のみの使用だけとなったり、5千円のチップが2枚になったり、バンカーへ賭けた時にだけ使えるコミッション用のチップになったりと変化している。

アウトコミッションでも当時は3%(都内は5%)引かれていたのが、パチスロのうたい文句のように等価交換で、1,000$は10万円で換金されている。

更に、「バカラ」そのもののルールにも変化が見られていた。

「プレイヤー、バンカー、プレイヤ-、バンカー」と4枚のカードを出して始まるのだが、プレイヤー側の2枚、バンカー側の2枚、それぞれのカードが同じ数字なら12倍の配当がでるという「ペア」というのが主流になっていた。

そしてオレも大好きな引き分けで、そのゲームが完結する「ドロー」も、通常は9倍の配当だが、2のドローだけは別枠で150倍というルールが適用されていた。

お客さん側では何度も経験しているこのような場面なのだが、ディーラーとしてこの場面に入ることが初めてだったこともあり、対応できずに配当のとり忘れやつけ忘れをしてしまうミスを何度かしてしまった。

このミスでお客さんを怒られてしまい、かつてはスーパーディーラーとして仕切っていたオレ自身の自信が崩れていった。

何にでも対応ができると思っていたが、30歳を過ぎたオレは対応能力が低下している。

数日間の実際の場面で感覚をつかみ、「150倍のドロー」と「ペア」にも馴れてきて、何事もなくこなしていけるようになったが、数ヶ月後、突然なのだがこの店舗自体に異変が起こったのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
519

【穴】「ポンコツ」防止のさらに上をいく「ポンコツ」ディーラーの技

最近は当たり前のことだが、2000年を過ぎた辺りから場面上でシャッフルに入る綺麗に並んでいるカードをそのままシャッフルすること

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
188

【穴】裏カジノ店は常に摘発の危険ととなりあわせ

オレが1994年にカジノディーラーとしてデビューした裏カジノ店舗では、「急遽、本日はクローズさせていただきます。」という日があ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
200

【穴】カジノ店側の都合でカジノ店を警察に摘発してもらう理由

あってはならないはずの裏カジノ店とガッチリ組んだ形の、警察による摘発の「出来レース」。 起こる理由としてあるのは、昨日の記事で

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
411

【穴】はじめての裏カジノ「ポンコツ」で80万円獲得に成功

裏カジノディーラー歴半年足らずのオレは、都内の裏カジノ店で働く事も決まり、場面を仕切る事、更に、できたらポンコツを入れる事を考