ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】湘南でオープン予定の裏カジノ店を見学しながら思うこと

level006
334

湘南の入り口にあたる場所にオープン予定の、裏カジノ店舗の視察をかねてヤクザ屋さんのベンツに乗っかって、目的地にたどり着くと、数名のイカツイ男たちに出迎えられた、オレと「O氏」とオーナー。

イカツイ男たちはオーナーがお世話になっているヤクザ組織、ココと同系列のヤクザ。

地域が異なるため一家としては別になるのだが、オレたちの街のヤクザの方が力関係では強く、しかも、この組の「カシラ」と同行しているオレたちにも、低姿勢な対応で招かれている感じがする。

「カシラ」にご丁寧な挨拶をしているイカツイ男たちに連れられて、目的の場所である雑居ビルを目指していく。

JR東海道線の停車するこの駅から、徒歩5分という立地の良い場所で、他の階には風俗店ばかり入っており裏カジノにはもってこいの店舗だった。

キャバクラで使用していた店舗らしく十分な内装が施されており、カジノテーブルをぶち込めばすぐに営業が出来そうな感じだ。

「ルーレット」、「ブラックジャック」、「バカラ」の3点セットを揃え大きいバランスができるテーブルを入れれば、まとまりがつきそうでなかなか良い印象を受けた。

店に入ってすぐの入り口にもスペースがあり、中が見えなくて良さげな感じ。

地元のヤクザ、イカツイ男たちに話を聞きいてみると、この街の裏カジノには結構よいお客さんがいるのだが、良い裏カジノ店舗がなくて横浜や都内へと流れていってしまうらしい。

オーナーも「O氏」もヤル気満々な感じで、この話を進める方向のようだった。オレも直感でこの店舗ならイケそうな気はしていたが、不安な事がいくつかあったのだ。

湘南の入り口にあたるこの裏カジノ店舗は良いのだが、誰がこの店舗を仕切っていくのかが気になるところだ。オーナーの地元での店では事実上の頂点は「O氏」が取り仕切っており、オレは2番手に当たる。

「O氏」がこの店舗へと行くのであれば、オレはオーナーの地元裏カジノ店を任される事になるが、「O氏」がそのまま動かなければこの大役はオレの使命となるのは明白。。。

どちらに転んでも「O氏」と同じ店舗で働くことがなくなりそうで、少し寂しい感じでこの裏カジノ店舗のことを考えていた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
511

【穴】「ポンコツ」ディーラーの度胸を身につけるためには実践しかない

「ツリ」用の組みカードにはいくつかの決めごとがあり、1枚目をツる事によって勝敗を逆にすることが出来るが、1枚嚼みシャッフルで作

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
376

【穴】名義人社長を務めた裏カジノ店舗で存続をかけた最後の1,000万円

名義人社長をしながら、通常のキャッシャー業務を行っている訳だが、裏カジノ店舗自体が閉店してしまえば毎月のオレの給与は約束される

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
510

【穴】ポン替えのリスクを回避するため「ツリ」技術向上を目指す

オレたちのポンコツで、、、「ポン替え」の危険性も考えてコレから先も大丈夫なのだろうか!? 「ツリ」は強力な武器になるためポン替

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
518

【穴】今まで培ってきた「ポンコツ」の技術を後輩たちに伝承する

今までの約十年間散々とポンコツディーラーをしてきたオレたちが、可愛がっている後輩たちにも稼がせる道を与えるために今まで培ってき