ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】湘南でオープン予定の裏カジノ店を見学しながら思うこと

level006
334

湘南の入り口にあたる場所にオープン予定の、裏カジノ店舗の視察をかねてヤクザ屋さんのベンツに乗っかって、目的地にたどり着くと、数名のイカツイ男たちに出迎えられた、オレと「O氏」とオーナー。

イカツイ男たちはオーナーがお世話になっているヤクザ組織、ココと同系列のヤクザ。

地域が異なるため一家としては別になるのだが、オレたちの街のヤクザの方が力関係では強く、しかも、この組の「カシラ」と同行しているオレたちにも、低姿勢な対応で招かれている感じがする。

「カシラ」にご丁寧な挨拶をしているイカツイ男たちに連れられて、目的の場所である雑居ビルを目指していく。

JR東海道線の停車するこの駅から、徒歩5分という立地の良い場所で、他の階には風俗店ばかり入っており裏カジノにはもってこいの店舗だった。

キャバクラで使用していた店舗らしく十分な内装が施されており、カジノテーブルをぶち込めばすぐに営業が出来そうな感じだ。

「ルーレット」、「ブラックジャック」、「バカラ」の3点セットを揃え大きいバランスができるテーブルを入れれば、まとまりがつきそうでなかなか良い印象を受けた。

店に入ってすぐの入り口にもスペースがあり、中が見えなくて良さげな感じ。

地元のヤクザ、イカツイ男たちに話を聞きいてみると、この街の裏カジノには結構よいお客さんがいるのだが、良い裏カジノ店舗がなくて横浜や都内へと流れていってしまうらしい。

オーナーも「O氏」もヤル気満々な感じで、この話を進める方向のようだった。オレも直感でこの店舗ならイケそうな気はしていたが、不安な事がいくつかあったのだ。

湘南の入り口にあたるこの裏カジノ店舗は良いのだが、誰がこの店舗を仕切っていくのかが気になるところだ。オーナーの地元での店では事実上の頂点は「O氏」が取り仕切っており、オレは2番手に当たる。

「O氏」がこの店舗へと行くのであれば、オレはオーナーの地元裏カジノ店を任される事になるが、「O氏」がそのまま動かなければこの大役はオレの使命となるのは明白。。。

どちらに転んでも「O氏」と同じ店舗で働くことがなくなりそうで、少し寂しい感じでこの裏カジノ店舗のことを考えていた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
371

【穴】月給45万円のために小さなセキリティ万全のハコの中で過ごす生活

裏カジノ界へ復帰したこの店舗での任務はキャッシャー。キャッシャーの小さな小窓から見える景色とカジノゲームが行われているモニター

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
264

【穴】裏カジノ店に勤務してから次第と変わりはじめる私生活

老舗のカジノ店での研修を経てカジノディーラーとして、無事にデビューする事ができたが私生活は大幅に変わっていった。 この店舗では

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
191

【穴】警察は本当に、裏カジノ店にとって敵なのか!?

日本ではカジノは合法的ではないため、日本裏カジノ界にとって警察は敵と考えても間違いではない。年に数回は主要都市で、カジノ摘発の

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino153

【穴】テーブルゲームのさばき方 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

日本裏カジノ界で働く従業員はたくさんいるけれど、仕事内容は当然同じではない。役割分担がされているため職種によって、業務内容が変