ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】オレのところに舞い込んできた裏カジノの名義人の仕事

level006
373

裏カジノ界へ復帰してキャッシャー業務に入りだしてから半年ほどにひとつの転機が訪れた。

裏カジノ界の店舗というのは、基本的にいつ警察による摘発があっても実際のオーナーが困らないように名義の社長をたてているところが殆どなのだ。

この名義社長とは摘発された際には「オレ自身がこの店舗の経営者であり、すべての責任はオレにある」という名義のだけの社長。

どこの裏カジノ店舗でも名義人に毎月ある一定の名義料を支払い、万が一摘発されてもすべての責任を取ってくれという契約を交わしている。

名義人は摘発された際には、真実を述べずにオレが経営者ということを主張し、裁判を待って刑を受け入れることとなる。

オレがキャッシャー業務を行う裏カジノ店舗でも、もちろんこの名義人が存在しており、パクられた際にはこの名義人が責任を負うことになっている。

この名義人がお酒を飲みすぎてなのかは分からないが、深夜、突然にこの店舗から足を洗いたいとオーナーサイドへ申し出て、この裏カジノ店舗の名義人が不在となってしまったのだ。

裏カジノ店舗側としても名義人がいないと色々と困ることがあるため、ココへ当てはまる人物を捜すことになった。

そんな時に、オレの元へとこの話がまい込んできたのだ。

そう。。。

このオレに「裏カジノ店舗の名義人をやってくれないか!?」ということ。。。

まだまだ小さな子をもつオレは即決で断れば良いことではあるのだが、名義人の魅力には名前を出すだけで数十万円の名義料がもらえ、摘発にさえあわなければなにもないのだ。

すなわち、名前を貸すだけで名義料だけをもらえるというとになる。

オレのカジノ界経験からいえば、毎月決まった高い金額を警察とヤクザへ納めていれば、かなりの確立で摘発からは逃れられるのだ。

この裏カジノ店舗でも毎月かなりの額を納めているので、摘発からはほど遠い位置にあると考えられる訳だ。

コレをふまえると名義人をやっても摘発のリスクは薄いため十分に検討できるため、オレは悩んでしまうことになった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
375

【穴】名義人社長として働いていた裏カジノ店舗のマイナス経営による危機

名義人社長を兼任しながら通常のキャッシャー業務を行い、毎月75万円の給与でお金のことにも落ち着きをみせてきた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
276

【穴】5店舗目の裏カジノ店でチーフディーラーに抜擢される

裏カジノ界4店舗目の赤坂では、最終時給が2,500円にまで上り詰めていったが、この店もそろそろ店仕舞いの兆しが現れていた。 警

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
265

【穴】六本木交差点の裏カジノでバカラディーラーとしての腕を磨く

横浜でカジノデビューをしてから、赤坂の裏カジノ店で東京の裏カジノ事情を把握したオレは、この業界は横のつながりが大切だということ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
496

【穴】嫌いなターゲットを「ツリ」で懲らしめる

完璧な「ツリ」をマスターしつつあるときに実践で行ってみた。