ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】日本裏カジノで体感できること ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

level006
casino148

日本の裏カジノのゲームテーブルに座りゲームを進めていると、頭上のにセキリティーカメラがあることに気がつく。

このカメラではテーブル全体が映るようにセットしてあり、ゲーム中に問題があった時に後で確認できるようになっている。 ふと、辺りを見回してみると、後ろには黒服の姿が目に入ってくる。

黒服はゲームを監視していたり、お買い上げのチップがあるのを待ち構えているようだ。

後ろから見られるのは気分のよいモノではなが、裏カジノ界ではコレが当たり前で、問題が起きないようにチェックをしているのだ。

飲んでいたビールがなくなりそうなときには、可愛らしいウェイトレスが声をかけてきて何杯でもおかわりができる。 少しお腹が空いたことを伝えると、フードメニューをもってきてくれて、定食やラーメン、サンドウィッチ、スパゲティーなども、フリーで食べることが出来る。

ゲームが終盤になりカラーのカットカードできて、どうやら次の勝負が最終戦になるらしい。

シュートの最後を勝利で飾り何とかプラスで乗り切った。そこでディーラーが入れ替わり新しいカードを持ってきてシャッフルの時間になるため、ココで準備されている食事をとることにする。

約10分程度で新しいシュートの準備ができたので、食事を済ませて決戦の場へと戻っていくことになる。 満足な食事でお腹もふくれてきたところで、ウーロン杯に切り替えて目標の5万円を取りに行くのだ。

ゲーム中にすぐ、目標額に到達したので、ココで1度考えてみることにしたが、調子が良さそうなので更なるプラスを狙いにいくことにした。 もう少しでプラス10万円が見えたところだったが、終わってみると2万円のプラスにとどまった。

本日のギャンブルはココでおしまいにする。

欲をかいて10万円を狙ってしまったことが、結果的に良くなかったが、酒を飲み、美味しい食事をして、可愛らしいウェイトレスとおしゃべりまで出来て2万円儲かったので、今日は万々歳だろう。

持っているチップを後ろにいる黒服に「アウト!」と言って渡せば、現金に変えて持ってきてくれるので、その間に他のゲームテーブルを覗いてみることにした。 レートの高いテーブルでは張り越しの良いおじさんや、チャラチャラした若いアンちゃんたちが、1回の賭け金に5万とか10万円の勝負をしている。

緊張感のある場面なので遠くから見ているが、皆、楽しそうにしているが内心はドキドキしているのではないだろうか。 いずれは高レートのテーブルで勝負をする日が来るのかもしれないが、今日は勝ったので気持ちよく帰宅することにした。

黒服から現金を受け取り確認をして本日のカジノは終了した。

以上、裏カジノの中で体感するシーンである。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
466

【穴】勝率100%を目指して「ポンコツ」研究は続く

だんだんとポンコツ知識がオレの中に入ってきているのだが、まだ、いつでも実行できるレベルにはほど遠い。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
471

【穴】「ポンコツ」に近代化の波、、、「メカ」時代の到来

新たなポンコツは近代化に合わせて巧妙なトリックが施される時代へと変わり始めていた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
369

【穴】再び裏カジノ業界に戻ったオレに与えられたのは金庫番の仕事

やっぱりオレには裏カジノ界でしか稼ぐことはできない。。。 一般企業への就職は難しいため、元々いた裏カジノで収入を得ることで今後

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
109

【穴】ホール黒服の業務2 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

日本の裏カジノの中で、ホールの黒服の業務は重要だけに大変だ。 お客さんのチップが減ってくれば、当然八つ当たりもされるし、怒りの