ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】関西ヤクザ系カジノオーナーの「1千万円」にキズをつけられて血が・・・

level006
284

関西のヤクザと深い繋がりをもっているというか、現役関西のヤクザとも言える今回の六本木のオーナー「M氏」は、オレの目には魅力的な人物に写っている。

仕事中は殆ど店内にはいないのだが、ちょこちょこと顔をだしては状況を把握しているようだ。

店を閉めた後にはメシへ誘ってくれる事がよくあり、着いていくと高級店が多い。

金額を気にする事もなく好きなものを注文させ、オレたちをいつも満足させてくれる。ホテルでの食事だったり、オレの大好きなお肉も腹一杯ご馳走してくれる。

店舗での売り上げを考えるとあまり業績は良さそうにも思えないのだが、このオーナー「M氏」はお金をたんまりともっているようだ。

店の外に車を止めているのだが、いつも同じ車とは限らず何種類もの高級車で自ら運転しながらやってくる。

そして、腕にはダイヤでぎっしり詰まった1千万もするという時計が輝いており、その高価な腕時計を一度オレに着けさせてくれたのだが、「カチッ」とはめるところにサイズが少しきつくて少し「プチッ」と腕のお肉を挟んで負傷をした。

1千万の腕時計でつけた名誉ある「キズ」だともいえるだろう。(少し血がにじんでいた。笑)

他にも腕時計はかなりの数所有しているようだが、いったい何処からお金を捻出しているのか謎の多い人物である。

お客さんが少なくて売り上げにならない日でも当然その日のデズラ2万5千円をくれる。

たまにあったことだがこの「M氏」、多店舗の裏カジノへ行き、オレたちの給与額、その日の経費をわずか30分ほどで稼ぎだしてきてコレで支払いを済ます事もあった。

お金がない訳ではないだろうがこうやって博打で勝ち、お金を捻出してくる事もする面白いオーナーなのだ。

「少年の心をもつチョイ悪オヤジ!」(ほんとはヤクザだが)って感じでオレたち従業員からも慕われている。

「M氏」をよく観察しているといつも人が集まってくる。見た目の悪そうな輩もいるし、企業舎弟チックな金持ち風の人、昔のテレビドラマ「とんぼ」で演じていた長渕剛みたいな相方!? ヤクザ風の兄弟!? の姿もちょくちょく見られる。

ヤクザならではの闇金である金貸し業も行っており、当時300万円ほどの相場だった「クラウン・マジェスタ 」タイプCのV8エンジンのVIPな車を100万円で譲ってもらったこともある。

金融流れではあるが、本革シート、純正マルチ、サンルーフといった流行の3点セット装備車のパールツートンのこの車が、しばらくオレの愛車になったのもこの時期だった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino2

【穴】長年プロカジノディーラーとして勤務した裏カジノ界をもうすぐ引退する

大使館裏カジノ。ここがオレにとってプロのカジノディーラーとして働く、裏カジノ界で最後の店舗になるといっても、やる事はそんなに変

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
049-2

【穴】正当な報酬請求のため「ポンコツ」で謀反を起こす

「タテ」仕事のポンコツ店舗で「ヨコ」仕事をブチ込む。。。 大げさすぎる言い方かもしれないが昔の言葉で「謀反」という言葉がある。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
337

【穴】客から数億円を吸い取った後衰退して行った湘南裏カジノ店舗

大台・・・オレの月収ベースで、500万円をたたき出した裏カジノ店舗。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
450

【穴】修羅場から一転。ヤクザオーナーの元で「タテのポンコツ」を学ぶ

オレ達が行っていたポンコツは「ヨコ」であったこともあり、本来のポンコツである「タテ」のポンコツ知識をあまり分かっておらず、自ら