ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】大物ヤクザ登場によって裏カジノ店5店舗目の勤務終了

level006
casino112

店内やディーラーをまとめる役目としてチーフディーラーをしている六本木の店舗では、己の力がまだまだ未熟なことに気がついた。

接客の仕方や人を管理をすることがこんなにも頭を使うとは考えていなかった。

ディーラーからの意見や苦情をまとめてオーナーサイドと交渉をしたり、店側の立場となってお客さんへの配慮もしながら雰囲気を作り上げていく。

それなりに苦労をしながらなんとか店を束ねていた。

そんなときの出来事。

いきなり20名ほどの若いヤクザが店の中に集結。

後から、その若い衆を束ねる親分らしき人がビッシリとキマったスーツの上に、黒いコートへ袖を通さず羽織って登場してきた。

まるで、漫画やヤクザ映画の世界で見かける大物ヤクザ登場のシーンのようだった。

若い衆のヤクザは親分らしき人の後ろへ奇麗に整列して仁王立ち。

親分らしきヤクザはオーナーめがけて凄んだ顔と、ドスの利いた低い声で話を始めている。

そう、この醜体はオーナーが裏カジノ店舗を開くにあたり、キチンとヤクザ組織との話し合いをしていないから起きた。

上納金ともいえる、毎月決まった金額をヤクザに支払うことで「裏カジノを営業しても良いぞ!」という話が曖昧になっていたらしい。

このようにこれを怠ると、数名のヤクザが押し掛けてきて営業の妨害となる訳だ。

オーナーはヤクザ組織との繋がりがあるのかと認識していたが、きっちりとはしていなかったためにこうなったのだ。

オレたちディーラーはこの場面に沈黙し、背筋を伸ばしてただ見ていることしかできない。

店内にいたお客さんは事情を察知してすぐに帰宅となり、30分ほどの話し合いでヤクザたちも店から出て行った。

オーナーがお金の話をして、もめることなく済んだのだが、こういったことがあるとお客さんの足は遠のいていくのが当たり前。

案の定、この店舗は3ヶ月ほどで店を閉めることになっていった。オレのチーフディーラー生活もすぐに終了し、新たな裏カジノ店を友人や仲間を頼って探すことになったのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
192

【穴】裏カジノ店はどうやって警察からの摘発情報を事前入手しているのか?

今の日本の法律では、裏カジノ店の摘発が起こっても不思議ではないので、裏カジノ店側としても何かできる事をしておく必要がある。 そ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
505

【穴】顔面蒼白。。。「ツリ」の最中に失敗する

オレたちのポンコツにはメリハリをつけていくことをオーナーと話し合い、ポンコツ知識の豊富なお客さん相手にはヒラで勝負をすることに

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
533

【穴】超カンタン!スマホを使ったツりを仕掛ける

せっかくブチ込んだメカ用カードで当たる方向がどちらなのか分かるくらいではもったいない。 解析技術者はバカラの仕組み、ツりを行う

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
457

【穴】笑いが止まらない「ポンコツ」業界の金回り

オーナーの地元への遠征ポンコツバカラでは、たった一人の”ハメる”ための良いお客さんから初回の100万円+3,000万円をハメる