ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】プレイで10%のサビ カジノディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

level006
casino145

カジノ遊びをするのであれば、遠くの海外よりもコンビニ感覚でいける日本の裏カジノという考え方を持つ人が多いことで、日本裏カジノ界は成りたっているのだが、他にも理由はある。

海外のカジノで遊ぶ人は分かるだろうが、例えばUSD1,000を軍資金としてチップに変えてみると、チップで$1,000分に変わって手元にくるのが当たり前だろう。

日本裏カジノでも単価はUSDベースで行うのだが、為替などの影響は全く関係なく100円は$1になるので、10万円で$1,000となるのが基本。 1万円が$100と考えての設定になっているが、1日1回だけ、しかもその日の最初の両替分にだけ特別な「サービス」チップがついてくるのだ。

日本裏カジノ店へ行き10万円を両替してチップにすると、$100増えて$1,100となって手元に来るのが日本裏カジノ界では主流になっている。

初回の両替金の10%がサービスとしてついてくる。10万円変えれば1万円分のサーボスとなるのだ。 オレたちは「サビ」と呼ぶことが多いが、「サビ」は毎日お店に来れば毎日もらうことが可能なので、この「サビ」をもらうために毎日訪れてくるお客さんも珍しくはない。

20万を最初に両替すれば$200をもらえることころもある。これは店舗によって違いがあるのだが、初回30万円までは10%のサビがついてくるところもあるくらいだ。 じゃあ、このサビチップをそのまま両替すれば、毎日お金に変えられるだろうと考えられるが、日本裏カジノも馬鹿でないためそんなに甘くはない。

このサビチップはゲームで賭ける事は可能だが、換金はできないチップになっている。従ってサビチップはハズレるまで賭けることになる。

日本裏カジノ側からすれば、これはお客さんを呼び込むための甘い罠となっているのだ。 ただし、良いお客さんにはサビの比率を上げて多めにだすことも、悪いお客さんにはサビを禁止していくこともよくある話。

客商売であるため、良い客、悪い客を見極めてはいるが、客側からすれば、日本裏カジノ店舗はいくらでもあるため、別の店舗に行きまたサビをもらえば良いだけだったりする。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
267

【穴】東京進出したカジノディーラーライト繁盛裏カジノ店で勤務開始

1994年にカジノディーラーとしてデビューしたオレは、この年の瀬には東京都内中心地である港区の裏カジノ店にいた。 老舗のカジノ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
486

【穴】先輩の「ツリ」をマスターしたい!ライトの新たな挑戦

先輩の行う完璧な「ツリ」の仕組みとは何なのだろうか? 右手の中指しか使わないこの完璧な「ツリ」は、、、中指の左側をカードの下側

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
200

【穴】カジノ店側の都合でカジノ店を警察に摘発してもらう理由

あってはならないはずの裏カジノ店とガッチリ組んだ形の、警察による摘発の「出来レース」。 起こる理由としてあるのは、昨日の記事で

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
540

【穴】ディーラーの度胸がカギを握る「ちぎり」のカラクリ

オレがやったことないポンコツ「ちぎり」。。。 話だけでは分からないため謎解きをしてもらうことにした。