ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】カジノ店の心臓部分キャッシャー ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

level006
110

日本の裏カジノ界には毎日多くのお客さんが通ってくる。お客さんは裏カジノ店で勝負を繰り返し、多額のお金を儲けようとしてやってくるのが当たり前。

お金を儲けようとするたくさんのお客さんは、軍資金がなければ勝負ができないのが裏カジノ。この軍資金を使い勝負をしていくのだが、すべてのお客さんがゲームをするために、現金とチップを交換することになる。

お客さんからのお金が集まっていくのが、裏カジノ店内にあるキャッシャーと呼ばれるところだ。キャッシャーには、限られた人しか入ることは出来ないように鍵がかけられている店舗が多い。

お客さんが手渡した現金を、黒服がきっちりと数えてキャッシャーへ持っていき、キャッシャーもまた、しっかりと現金を数えてチップを差し出していく。この繰り返しがなされてキャッシャーにはチップに換えるための現金が集まっていくのだ。

ほとんどのお客さんが10万円をチップに換えるので、10人のお客さんが来ることによって100万円の束がすぐに出来上がる。

夕方になってくるとお客さんが店内に溜まりだしていくので、1時間程度で2、3百万の現金がキャッシャーには入ってくる。

ピーク時になると店内は満員になり、チップへと換えるための現金はすべてキャッシャーにあるため、1,000万円を超えてくるだろう。

残念ながら、この1,000万円を超える現金は、すべて裏カジノ店の収益ではない。このお金はお客さんが帰宅の際に、残ったチップを現金に戻すときに使っていくことになる。

勝っている人、負けている人問わず、残っているチップは現金に換えるために、すさまじい勝負を繰り替えしていくのだ。

裏カジノ用語では現金をチップに換えることを「イン」、チップを現金に換えることを「アウト」と呼んでいる。

カジノ店では「イン」の2割程度を収益の目標としているところが多いのだが、実際には5割抜けたり、逆にマイナスになったりを繰り返して、月のトータルがこの目標額を達成できることが多いのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
498

【穴】高額メカの導入で「ポンコツ」に新たな進歩が

チップまわしから始まったオレのポンコツは、かなりのレベルまで上がってきた。 チップまわし、組みカードをつくって「ポン替え」、シ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
451

【穴】店ぐるみでVIP客をはめる「バカラ大会」開催

オレたちが使う言葉で「ポン箱」、、、店ぐるみで行う「タテ」のポンコツ裏カジノ店舗だが、オレはこの「ポン箱」でポンコツ技術を磨く

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
434

【穴】「ガン付きカード」のポンコツで1日200万円を目撃。店舗が潰れる

「ガン付きカード」による初歩的なポンコツを見る事になったのは、六本木のとある裏カジノ店舗。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
454

【穴】「すわり(さくら)」役で他店へ乗り込む

オレのいるこの「ポン箱」では、普通の「ポン箱」とは違って来店してくるお客さんをいつも狙っているわけではない。 普通に遊びに来て