ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】ホール黒服の業務1 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

level006
108

裏カジノ界での重要なポジションの一つに、ホールの黒服がある。

ゲームを進行していくディーラーも重要だが、黒いスーツに身をまとっている黒服の活躍がなければ、カジノ店舗が成りたつことはないだろう。

お客さんが店内に入ってくる時から、ゲームのプレイを終えて帰っていくまでの間は、この黒服たちがお客さんの面倒を見ていくぐらいの感覚だろうか。

お客さんが入店してくれば「いらっしゃませ~!」の声がけから始まり、すぐに近くへ寄っていき、会話を始めて少し和んでからゲームへと誘導をしていく。

新規のお客さん、常連のお客さん、嫌なお客さん、VIPのお客さんなど、別け隔てなく、顔色ひとつ変えずに接客をしていき、気持ちよくプレイできる状態を作り出さなくてはならない。

ただし、本来黒服というモノはこの姿勢で対応していかなくてはならないのだが、数年間と長くカジノ業界にいると、態度が大きくなり「オレの店!?」ぐらいな感じで天狗になっているヤツが多くて気に入らない。

特に幹部クラスになると、面倒な仕事は一切せずに、下のモノたちに押し付けていく輩が現在のカジノ界には多すぎる気がする。まあ、こういったアホな奴らは別として、黒服業務の基本を記してみたい。

お客さんを席に誘導しながら初回のチップに変える現金を受け取り、サービスチップと一緒にお客さんへと持っていくが、このときにも一声かけながら「○○さん、今日は勝っていってくださいね!」ぐらいは言っておきたいところだ。

ゲーム中はテーブルから4、5歩下がった辺りから、場面を見守っていく。ゲーム進行に問題はないか?ディーラーが間違っていないか?お客さんが無茶をしていないか?

通常であれば、大きな問題は起きることがないのだが、裏カジノだけに様々なお客さんがいるので、用心にこしたことはないだろう。

お客さんの機嫌が悪くなり、テーブル上が嫌なムードのときこそ、黒服が間に入り、皆を和ませにいったり、お客さんたちが盛り上がっていれば、お客さん側にたち一緒に喜んであげたりして、気分よくさせて悪いことは何もない。

ヤクザちっくなお客さんが暴れだせば、真っ先に行き、体を張って誰にも手を上げさせないようにしていく。さらに、この後始末を自らで納めていく器量を兼ね備えていたいものだ。

こういったことは殆どないことだが、裏社会につき、まれに起きてくる。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
505

【穴】顔面蒼白。。。「ツリ」の最中に失敗する

オレたちのポンコツにはメリハリをつけていくことをオーナーと話し合い、ポンコツ知識の豊富なお客さん相手にはヒラで勝負をすることに

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
537

【穴】どんなに見破り技術が発達しても「ポンコツ」カジノはなくならない、、、

ポンコツにおいて一番重要となるメカ用カードの細工で、次の当たりが明白となること。 どの裏カジノ店舗でも、お客さんの目の前でシャ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
033-2

【穴】配当8倍。ドロー「ポンコツ」で大儲け

オレのいる「ポン箱」では店ぐるみで行う「タテ」なため、「ヨコ」のポンコツはできないので他店舗にいるポンコツ仲間との「ヨコ」のポ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
389

【穴】大きな系列の裏カジノ店舗で働いて感じること

大きな系列の裏カジノ店舗で働いていると安心できることがたくさんある。 裏カジノ界で働く者にとって一番怖いのはやはり、警察による