ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】初カジノ時の会員手続とチップ購入 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

level006
casino151

日本裏カジノは現在でも存在するのだが、日本国内では違法なので、ここでプレーすることはお勧めはできない。

故意的ではないにしても誰かに誘われたことで、裏カジノに行ってしまい、運悪く摘発に合えば、現行犯逮捕で警察へと連行されることになるので、十分注意をしたいところだ。

現在の裏カジノでは新規のお客さんが、一人では店内に入ることは不可能だろう。誰かの紹介がなければ入り口の重い扉は開くことはないのだ。

10年以上前では、普通に自動扉が開いて入ることが可能であったが、年々セキリティの強化がなされ、監視カメラがあるため、突然一見さんが来たとしても、ドアが開かれることは無い。

友人や知人の紹介で、裏カジノの店内に入り込めると、新規会員登録の手続きをしなければ、ゲームを行うことが出来ないようになっている。

手続きといっても簡単なことなのだが、お店の規約に承諾するというサインをして、身分を証明できるものを出すことが一般的だ。 運転免許書、名刺、クレジットカードなどを提示するのだが、全て確実にコピーをとられるだろう。

さらには店内のセキリティカメラによって顔のアップも知らないうちに撮られている。 裏カジノ側も、こうした身元を確かめることによって安心を得るのだが、これはあまり意味がない。

警察であっても見抜くことは不可能だ。 裏カジノ側ではこうやって顧客の情報を集めていくのだが、店内では保管せず、別の場所からインターネットを使用して、カメラを通して見守っていくのだ。

顧客がいくらを使って、いくらを儲けた?負けた?かが、すぐに分かるようになっている。 日にち、時間、金額、勝ち、負け、トータル収支も、パソコンをたたけば顧客の生涯収支がすぐに出てくる。

店内のどこにいてもセキリティカメラの届かない場所はなく、不正の防止もかねてカメラは可動式になっており、別の離れた場所からでも操作が可能。 鮮明な画像なので、顧客がいじっている携帯電話の画面でさえ、捉えることが可能だ。

メールを打っている文章まで読み取れるので気をつけておかないと、恥ずかしいところも筒抜けになってしまう。

これは控えておくことが無難なところだろう。

カジノ店への会員手続き終了後、ようやくプレーできるようになるのだが、いくらからチップに変えればよいだろうか?

人それぞれ違いはあるのだが、一般的なのは10万円というのが裏カジノ界での相場と言ったところだ。 3万、5万というお客さんはいるにはいるが、カジノ側からみると、どうでもいい客とみなされる。

裏カジノでのプライドみたいなものがなければ、この金額でも問題はない。 チップがなくなれば買い足しもできるし、止めたくなればアウトしてチップを現金に換えてくれる。

ココで注意点が一つある。

10万円以上の初回のお買い上げがあると、サービスチップがつく。

このサビがあるからと言って、$100程度の賭け金での、たった数回だけの勝負でアウトすることは、避けたほうが良い。 カジノ側はサビ狙いのために来ていると勘違いをしてしまい、次回からお断りされても文句が言えない。

最低限2時間の滞在と、30回程度の勝負を行わないとコレに当てはまってしまう。
この辺りを注意して行えば、カジノ側も納得して、お客さんとし接客してくれる。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
420

【穴】裏カジノバカラのポンコツでの「組カード」セット方法

さて、、、裏カジノのバカラでのポンコツで、「組みカード」の作り方を覚えたオレは、実践で使えるような組みカードをつくってみる事に

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
544

【穴】「ポンコツ」大国日本ではカジノはできない…(最終回)

1994年にディーラーデビューをしたオレが今までに経験してきたポンコツを記してきたのだが如何だったろうか!? ディーラーの技術

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
458

【穴】新しい店舗でイチから信頼を築き「ポンコツ」を仕掛けていく

オレのポンコツの技術が追いつかないうちに、オーナーの裏カジノ店舗はクローズとなってしまった。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
472

【穴】「ポンコツ」でも重宝されていたのは携帯電話だった

単発のポンコツ仕事では、、、リスクも大きく身の危険も感じながらの戦いではあるのだが、その分の見返りとした報酬額は大きくなる。