ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの実態

level006
casino143

いま、オレたちがこうしている間にも、日本各地の裏カジノでは、多くのお客さんがバカラをメインとした博打を打ち、お金を賭けた勝負をくりひろげている。

カジノで楽しむことで、勝負に勝って笑う者もいれば、多額の資金を失い、明日からの生活をどのようにしていけばよいか!?逆に、路頭に迷ってしまう者もいることだろう。

カジノというところはお金を持っていなければ勝負はできない。持っているお金をチップに変えて、そのチップを勝つだろうと思うところに賭けていく。 本来、カジノ遊びを行うのであれば、ゆとりある資金を元に、遊び感覚でゲームを楽しむものなのだが、ギャンブル自体を真剣に楽しむ人が多いことが、日本裏カジノの現実である。

このため、収入のすべて、資産のすべてをカジノでのギャンブルに費やす人もいるのだ。 こうなってしまうと典型的な悪い例になのだが、カジノ側からすればそれはそれで利益に繋がるので良いことになる。

お客さんが負けることによってカジノ側には収益となり、オレたちカジノの従業員にとっては負ける人がいるからこそ、高い給与がでる。 お客さんがいてはじめてオレたちは、お金を稼ぎ生活をしていくことが可能になる。カジノ側も負けていく人たちのお金で潤っていく。

世界のカジノを見渡してもこの仕組みは変わらずに健在。負けていくお客さんの数、金額が大きければ大きいほど、潤いつづけ、大きな資本のカジノ組織になっていく。

日本の裏カジノ界では、24時間年中無休のコンビニと同じように運営されている。海外のカジノ規模とは全く異なった小さな空間で行われているのだ。

日本裏カジノ界では海外のようにホテルやエンターテイメントを兼ね備えることができない。 そこには日本国内では非合法なため、多額を費やして大きなカジノを作っても警察による摘発があれば、そのカジノの営業は存続できないことが要因のなのだから。

合法的ではない日本裏カジノ。

そこにはいくつもの理由が重なり、日本の法律で認められていないが、最近の政府の動きは変わってきた。元東京都知事のあの人がしてきたことや、現大阪市長のあの人動きを見ているとよくわかるだろう。

カジノというものはギャンブルという言い方を変えただけで、お金を賭けて勝負することに変わりはないが、胴元が儲かる仕組みは崩れることはないのだ。

日本カジノ界でもそれに変わりはないため、裏カジノであっても、まじめなカジノ経営をしていけばそれなりの結果がついてくるものなのだ。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
202

【穴】間一髪、カジノ店での摘発を免れたオレの実話 その1

オーナーからの指示である新天地での裏カジノ店舗を任されていた時のことだ。オレのところにも、警察による摘発の手は及んできた。 オ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
448

【穴】修羅場覚悟の六本木裏カジノ「ポンコツ」騒動の結末

オレのポンコツ仲間と一緒に侵したポンコツがとある六本木の裏カジノ店舗でバレた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】プロカジノディーラー人生の最後を赤坂大使館カジノで迎える

最後の裏カジノ店舗となる大使館裏カジノで勤めている頃。オレの家の売却期日も訪れている。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
200

【穴】カジノ店側の都合でカジノ店を警察に摘発してもらう理由

あってはならないはずの裏カジノ店とガッチリ組んだ形の、警察による摘発の「出来レース」。 起こる理由としてあるのは、昨日の記事で