世界各国カジノディスカバリーの旅 > カジノの穴ヨーロッパ編

【穴】スウェーデンはオンラインカジノを国家として運営している

level005
209

日本では、スウェーデンの代表的な企業といえば、ファッション性と手ごろな値段が不況の日本に浸透している「H&M(へネス・アンド・マウリッツ)」、徹底したローコスト物流戦略をしている「IKEA(イケア)」。

共に、海外進出を前提とした機密戦略が評価されている。

スウェーデンという小さな国ではあるが、相手国に合わせて商品の受発注や売れ筋商品の追加オーダーなどファッション鮮度を保ち、消費者の嗜好変化やニーズを絶えずスウェーデン本部に情報提供して日本で成功を収めている。

カリブ海の小さな国家スウェーデンでは、今ではオンラインカジノやブックメーカーを国家として運営をしている。

国家としてはおそらく初めてでは!? と考えられるが、とてもシンプルでスマートな決断ではないだろうか。

スウェーデンの国民たちにはギャンブルとして街に浸透しており、カジノに限らず街中の普通のバーやパブでも、スロットマシーンが数台並んでいることも珍しくないのだ。

スウェーデンのカジノは全て公営カジノで、中でもチェーンである「カジノ・コスモポール」が最も人気がある。首都・ストックホルムにも同カジノがあるため、観光ついでにちょっとカジノを楽しむこともできるだろう。

世の中が不況だと宝くじの売り上げは伸びる!? これにはスウェーデンの税金の高さが影響しており、宝くじを当てることが金持ちになれる道なのだと考えられている。

所得税は約30%、商品の購入にかかる税は品物によっても違うが通常25%。物品税を含んだ物価としては日本とほぼ変わらない!? もしくはそれ以上に高いと感じている。

失業率も高いので、普通に労働していたのでは余裕のある暮らしは難しいのだ。カジノにおいては華やかな印象とゴージャスな雰囲気でとても夢がある世界。

夢を国民たちも追い求めており、毎週の宝くじ購入も欠かすことなく続けていき、買うときにはいつも「一発、当てるぞ!」とおなじまいをかけ意気込んでいくのだ。

カジノでは入場料として約500円程度、20歳以上でパスポートを持参すれば入店できる。ドレスコードは厳しいところが少なくカジュアルな服装でも問題はないところが多く、通常のゲームがプレーできるのでいつまででも楽しめてしまう。

北欧に位置するスウェーデン、首都ストックホルムは14の島から成る水の都として世界でも最も美しい首都といわれている。

旧市街のガムラ・スタン、緑豊かなユールゴーデン島を回りながら、世界遺産の森の墓地、グスタフスベリ陶器博物館などの観光をしておくと満足感が得られる旅になるのではないだろうか。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
世界各国カジノディスカバリーの旅
207

【穴】ドイツにある世界一美しいカジノ「バーデン・バーデン・カジノ」

まずはビール、おつまみにソーセージ、お菓子はバームクーヘンを連想してしまう国。更には、ヒットラー、ベルリンの壁などで誰もが知っ

世界各国カジノディスカバリーの旅
206

【穴】フランスはヨーロッパで一番カジノが多い国

ヨーロッパ諸国の中で「カジノ」が一番多い国はフランスである。 現在、日本人たちが思い浮かべる「カジノ」と言えば、オレたちのよう

世界各国カジノディスカバリーの旅
213

【穴】ポルトガルは世界一のカジノ大国澳門と関わりが深い

ヨーロッパ有数のリゾート地として知られており、西ヨーロッパの半島にある共和国・ポルトガル。 日本人が向かうには少し遠い位置にあ

世界各国カジノディスカバリーの旅
210

【穴】オーストリアは世界75箇所でカジノを営んでいる巨大グループ企業の本拠地

カジノと言えばどこの国が思い出されるだろうか!? この答えとしてまず選択の中に入ってこないのがオーストリアのカジノではないだろ