世界各国カジノディスカバリーの旅 > カジノの穴ヨーロッパ編

【穴】オランダスキポール空港には世界初の空港カジノが存在する

level005
casino296

オランダ・スキポール空港にはなんとカジノが存在している!

オランダ・スキポール空港は、ヨーロッパのハブ空港だけに便数が多く利用者も多いので、乗り継ぎの待ち時間などに楽しめてしまう。

ヨーロッパの主要空港で最初に無料Wi-Fiを提供した空港として知られており、世界初の空港カジノといても注目を集めている。

空港内にはカジノの他にも美術館があるのだ。

ひっそりとした場所にあるのでわかりづらいが、アムステルダム国立美術館所蔵のオランダ黄金時代の絵画を展示しており、なかなかの高価な作品が並んでいる。

オランダには水と関わる歴史が秘められている。オランダの特徴には1/3の大地が水面下にあるということ。13世紀に「人口丘」、「堤防」の建築が行われた後、「干拓地」の開拓が14世紀ごろから進めらた”風車”が活用される様になっていった。

風車の活躍によって大規模な干拓事業に成功していった。現在のチューリップがよく似合う「風車の国オランダ」の風景には、昔の人々の水との闘いの歴史がかいまみれる。

とくにアムステルダムでは古い街並みの中をトラムが走ったり、美術館や博物館も多く観光するには良いのだが、日本では好ましくないドラックが合法的なのだ。『COFFEE SHOP』の看板を出している店では、公然とマリファナが吸えるため、昼間から入り浸りの客も珍しくはない。

オランダには「ホーランドカジノ(HOLLAND・CASINO)」という、ほぼ独占状態のカジノが10個所ほどあり、入場料400円程度とパスポートが必須になっている。ドレスコードは厳しくないのでスニーカーでも問題なく入場が可能だ。

現在では「ファン・デル・ファルク」という会社がオランダのデン・ボッシュ付近のヌーランドとティエルにカジノ建設及び運営を行う計画を発表している。

オランダ全域と欧米で低価格のホテルやレストランのチェーン展開をしている会社だが、カジノ建設へ本格始動している。

早ければ2014年には完成オープンで、現在のカジノリーダー的な「HOLLAND・CASINO」を追い抜こうと試みているのだろう。この計画が成功すればオランダのカジノ界も変化していきそうだ。

日本でいう「裏カジノ」的なカジノも存在しているが、違法なため近寄らない方が身のためだ。

観光旅行者では気がつかないので分かりにくいので安心だが。。。一般的なゲームやスロットが楽しめるのでプレイヤーを飽きさせないため、どこのカジノでも19時を過ぎてくると、連日、多くの客で賑わいをみせている。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
世界各国カジノディスカバリーの旅
212

【穴】スペインで着々と進む「ユーロ・ベガス」計画

2020年東京オリンピック開催が決まり、日本全体が団結して同じ目的のために切磋琢磨していく姿勢が整ってきた。もちろん、マレーシ

世界各国カジノディスカバリーの旅
211

【穴】イタリア内にはカジノは無いがイタリア領にカジノがある

イタリアの観光地として世界中から多くの人々を魅了しているのが世界遺産の街・水の都「ヴェネチア」。マカオやラスベガスでもヴェネチ

世界各国カジノディスカバリーの旅
210

【穴】オーストリアは世界75箇所でカジノを営んでいる巨大グループ企業の本拠地

カジノと言えばどこの国が思い出されるだろうか!? この答えとしてまず選択の中に入ってこないのがオーストリアのカジノではないだろ

世界各国カジノディスカバリーの旅
214

【穴】アイルランドの「カジノマリノ」は必見

アイルランドにはお城や大聖堂、修道院、博物館といった多くの建造物があり、歴史にあふれている国と言えよう。