世界各国カジノディスカバリーの旅 > カジノの穴ヨーロッパ編

【穴】アイルランドの「カジノマリノ」は必見

level005
214

アイルランドにはお城や大聖堂、修道院、博物館といった多くの建造物があり、歴史にあふれている国と言えよう。

人口の1/3が首都ダブリンに集中しており、ヨーロッパ有数の世界都市でありながら、需要な金融センターにもなっている。

真夏でも日中は18℃ほど、年間を通しても寒暖の差が少ないアイルランド島は北海道とほぼ同じ面積で比較的小さい。

ダブリン湾を臨める見晴らしのよいマリノには「カジノ・マリノ Casino Marino」がある。

17世紀にチャールモントという伯爵が、地中海旅行の際に、アイルランドに「美しいギリシャスタイルの家を建てたい!」と夢を描き、建築家ウィリアム・チェンバースに依頼して15年という月日をかけて実現させたものだ。

250万ユーロをかけたリッチな伯爵の道楽で造られたのだと考えると、何とも言えないところだが、この建物は数年後に広大な土地と共に売りに出され、後に政府が買い取り修復を行い現在の優雅な姿を残している。

ヨーロッパ18世紀の中で、最も立派な建造物の1つに数えられていることも事実。「カジノ( イタリア語では“小さい家”の意味)」には優美に装飾された部屋があり、構造的にも歴史的にみても顕著(けんちょ)な建造物なのだ。

この建物を外から眺めてみると大きな扉と窓。一階建ての大きな部屋が一つだけある建物に見えるが、ココに仕掛けがありドアは下半分だけが開くようになっており、実際には二階建てで、地下の部屋を合わせると16部屋もあるのだ。

屋根の2つの壷は煙突になっており、建物の四隅を「石のライオン」が守っている。応接間やサロンには美しい漆喰彫刻や寄せ木張りのフロアがあり、半円形の玄関など素晴らしいレイアウトとなっている。

そんな歴史を感じてしまう「カジノ・マリノ Casino Marino」。もちろん、ポーカーやブラックジャック、ルーレットといった一般的なプレーが楽しめる。

できれば、カジノ目的だけのために向かうのではなく、仕事や観光のついでに立ち寄って一度はみておいて欲しいカジノの一つではないだろうか。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
世界各国カジノディスカバリーの旅
casino294

【穴】イギリスのカジノに入場するには24時間前申請が必要

イギリスのカジノは誰でもすぐに遊べるわけではない。 歴史と伝統を残し、格式やマナーを大切にする国イギリス。ヨーロッパ諸国の中で

世界各国カジノディスカバリーの旅
casino296

【穴】オランダスキポール空港には世界初の空港カジノが存在する

オランダ・スキポール空港にはなんとカジノが存在している! オランダ・スキポール空港は、ヨーロッパのハブ空港だけに便数が多く利用

世界各国カジノディスカバリーの旅
209

【穴】スウェーデンはオンラインカジノを国家として運営している

日本では、スウェーデンの代表的な企業といえば、ファッション性と手ごろな値段が不況の日本に浸透している「H&M(へネス

世界各国カジノディスカバリーの旅
206

【穴】フランスはヨーロッパで一番カジノが多い国

ヨーロッパ諸国の中で「カジノ」が一番多い国はフランスである。 現在、日本人たちが思い浮かべる「カジノ」と言えば、オレたちのよう