マカオ&ラスベガスを楽しみまくる > ラスベガス活用人生10倍充実計画

【穴】カジノだけじゃない!ラスベガスの観光スポットを満喫しよう

level004
58

ラスベガスまで行ったのにカジノだけやってしまうのはもったいない。観光もしておかねば土産話にもならない。スケジュールを決めて、カジノを離れて行動してみよう!

「観光といってもラスベガスには沢山あるので、どこから攻めていけば良いだろうか?」

そんなあなたにまずおさえておいてもらいたいのは、無料で見ることができるショー。見応え度No,1はベラージオの噴水ショーで、曲に合わせて噴水が踊りだすのは見ていて心地が良い。

トレジャーアイランド(Treasure Island Hotel Las Vegas)の海賊ショーでは、海賊同士の戦いや爆発するシーンなどはなかなか良い。

人気があるため、早めに場所取りしている人が多いので開催時間帯はチェックしてから行くべきだ。ライトアップされているので、夜の間に行くと、綺麗に輝くショーを鑑賞できそうだ。

サーカスサーカス(Circus Circus Hotel & Casino)のMIDWAYショーは、無料なのに生演奏があり、頭上でアクロバッドなサーカスが見れて圧倒できるだろう。1階は大人のカジノでMIDWAYショーは2階の子供向けの室内遊園地で行われている。

欠かすことができないのは、ストリップから車で15分ほどいった「ダウンタウン」。ココにはネオンがギラギラとしたラスベガスの古き良き時代が残っている。フリーモントストリート・エクスぺリエンス (Fremont Street Experience)の無料ショーは迫力がある。

アケードの天井には1,250万個のLED発光ダイオードが音響とともにさまざまな映像を映し出し、大迫力で見応えがある。このアーケードは高さ約27メートルと7階建てくらいの高さに匹敵する規模で、長さは約450メートルもある。

よくこの場所の写真を使用しているのが日本の裏カジノで、「ダウンタウン」はカジノの象徴を表している街なのだ。

次に向かいって行くのは地上から320メートルの所にあるラスベガスで一番高い建物のストラスフィアタワー(Stratosphere Hotel & Casino)だ。ここの上部には絶叫マシーンがあり、テレビや雑誌などで見たことがあり知っている人が多いだろう。

漢(おとこ)なら是非トライしてもらいたいのがビッグショット(Big Shot)。世界で一番高い所にあるフリーホール型アトラクションで、マシーンに乗り込むと一気に約50m上までうち上がっていく。

怖さのあまり目を閉じてしまうと、せっかくのラスベガスの絶景を見逃すおそれがあるので要注意だ。

よく考えると恐ろしくなってくるのがインサニティ(Insanity)。地上320mの上空でブランコ部分が回転してブランコがどんどんと広がり、座っている椅子が下を向いいくのだ。

空中からラスベガスの街並を真下に眺められ、夜には夜景が楽しめるが飲食後は避けた方が身のためだ。

この他のもラスベガスには沢山のアトラクションがあり、各ホテルでは各国のイメージをモチーフにした外装をはじめ、中に入るとゴージャスな内装でとても室内にいるという感覚すらでてこず、その国へいった気分を満喫出来る。

イタリアをモチーフとしているのが全室スイートルームのベネチアンリゾートホテル&カジノ(The Venetian Las Vegas Casino, Hotel & Resort)では、ショッピングモールやグランドキャナルショップス内には運河が流れており、そこではゴンドラに乗ることができる。

4人乗りのゴンドラを漕いでくれるスタッフが、カンツオーネなどイタリアらしい歌を歌ってくれるサービスもあるくらいだ。

アメリカならではのホテルニューヨークニューヨーク(New York-New York Hotel & Casino)にあるジェットコースターでは、ニューヨークを再現させた街並みの建物を取り囲むように、ジェットコースターを走らせ、狭いビルの合間をかすめながら通るため回転もあり迫力満点だ!

ラスベガスを満喫するためにはコレだけに留まらない。ここに挙げたのは初めて観光に行くギャンブラーへ、最低限見てほしいところだが、もっと素晴らしい観光スポットがラスベガスには沢山あるので堪能してもらいたい。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
マカオ&ラスベガスを楽しみまくる
59

【穴】ラスベガスで楽しめる「シルク・ドゥ・ソレイユ」のショー

ラスベガスで人気No,1を競うショーと言えば、「シルク・ドゥ・ソレイユ (Cirque du Soleil’s)の

マカオ&ラスベガスを楽しみまくる
57

【穴】ラスベガスで生涯現役ギャンブラーとしてカジノを楽しもう

オレたちの年代の裏カジノディーラーたちにとって、「カジノ本場」といえばラスベガスがイメージ的に浮かんで来る。オレたちにとっての

マカオ&ラスベガスを楽しみまくる
60

【穴】ラスベガスのバッフェや実弾射撃が旅に幅と深みをもたらしてくれる

ラスベガスでは、各ホテルに併設されているショッピングモールの中に、高級ブランド店がありゴージャスな店構えで、豪華な商品が陳列さ