ディーラー目線のカジノゲーム解説 > プロディーラーが訓えるルーレットの遊び方

【穴】プロディーラーダイスが訓える『ルーレット』の遊び方2

level003
102

『ルーレット』でイカサマができるのかどうか?ラスベガスでのプロディーラーの経験上、ラスベガスでは『ルーレット』でイカサマができないことが分かった。

けれども、『ルーレット』でディーラーがボールを落とす数字をコントロール出来るカジノも存在するのも事実である。

その、イカサマが通じるカジノの場所は日本。つまりは裏カジノである。僕も元々は、日本の裏カジノでプロディーラーとして、カジノ業界をスタート。

日本の裏カジノで働いていた頃は、ラスべガスでディーラーとして働いていた頃とは全く逆で、店の先輩ディーラーに、ボールのコントロールの仕方を習って毎日何百回と投げ込んで練習した。

それに、ウィールに毎日水平器をあててピッタリ均等にして、どこにでも落ちる様にセットしたりするのだ。

 

ビルの上の方のカジノは『ルーレット』に向かない。なぜならビルが歪んでしまったりするからだ、『ルーレット』に向くのは地下にあるカジノとされていた。

さらに固定するために、台の足元をコンクリートで固めたりした事もあった。湿度の多い季節などは除湿機をおいて湿度をコントロールしたりもする。

ウィールは木で出来ているため湿気を吸い込んでしまうと形が変わり、水平が取れなくなって偏ったところに落ちる様になるのだ、この事をワンピンと言う。

一カ所のピンにしか当たらなくなり、カジノ側は冷や汗が止まらなくなり、プレーヤー側は集金タイムになり大喜びだ。

僕が以前日本で働いていたカジノでもこのワンピン状態になり、やればやるだけカジノが負けるので、お客さんに勘弁して下さいと謝り、途中でクローズすると言う事が何回かあった。

日本の『ルーレット』は、ウィールがほとんど回転していないので、このワンピンになると6カ所ぐらいベットしていると当たってしまうのだ。

日本のカジノディーラー全員とは言いませんが、訓練を受けたディーラーで、ウィールがあまり回転していない場合は狙える事もあると言う事だ。

目安としてはウィールがぐるぐる回しのカジノは狙えない、ほぼウィールが回転していないカジノは狙える可能性があると言うのを、一つ頭に入れておくと良いと思う。

それでもどうしてもディーラーにコントロールされていそうで気になると言う人は、ディーラーがボールを投げ込んでからベットを開始するのが良いと思う。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラー目線のカジノゲーム解説
casino

【穴】プロディーラーライトが訓える『ルーレット』の遊び方

日本でカジノと言えば、真っ先に頭に浮かんでくるゲームは『ルーレット』ではないだろうか? 映画やドラマ、アニメの世界でも、登場し

ディーラー目線のカジノゲーム解説
casino

【穴】プロディーラーダイスが訓える『ルーレット』の遊び方1

『ルーレット』の一番の魅力は、最高配当35倍の配当だと思う。 自分の狙った数字をチップでガッツリ囲んで、その狙った数字に落ちた