ディーラー目線のカジノゲーム解説 > プロディーラーが訓えるポーカーの遊び方

【穴】プロディーラーダイスが訓える『ポーカー』の遊び方

level003
casino

世界のカジノでは当たり前のように誰もが知っている代表的なカードゲームが『ポーカー』。

『ポーカー』もまた、大きなお金が動きやすいのが特徴的で、ルールの違う遊び方がいくつも存在している。

遊び方は違えど基本的な考え方に変わりはない。要するに5枚のカードで役をつくり、誰が一番強い役を持っているかをお金を賭けながら競い合うゲームになっている。

勝負のカギとなるのは手の内を明かさずに、どこまでハッタリをかませられるかが非常に重要なところで、上手いプレイヤーは『ポーカーフェイス』を巧みに使いこなし、相手に揺さぶりをかけながら、手の内がブタでも勝利をつかみ取ることができるのだ。

ブラフを使いながら賭け金の上げ下げをして、相手に「オレは強いぞ!」と見せつかせていかなければならない。手の内に役があるときだけ勝負にくるビギナーはすぐに見破られてしまい、せっかく手が入っても相手が下りてしまうため勝負をさせてもらえない。

『ポーカー』のプロ級のギャンブラーと、少しぐらい分かっている位のギャンブラーとでは、天と地ほどの差があり全く勝負にならないのだ。

大人と赤子くらいの差があるということは、何があっても勝てないということなので、相手がプロ級の場合は、立ち向かってはならないことを知っておく必要がある。

そんなことを言われたら『ポーカー』なんてできないと思ってしまうが、この『ポーカー』では相手を見極めるということの重要さを分かってほしい。

『ポーカー』というゲームは、人と戦うゲームであること。

相手が人である以上、人と人の心理戦なのだということ。ココを理解していないと先には進むことができない。

相手がどういうタイプの人間なのかを、数回の勝負でこの人は強気な人だとか、ブラフが上手いのか、だだのアホなのか、ビギナーなのか、やり込んでる人なのかを見極めて今後の勝負に備えることが大切である。

相手を知った後に自分の勝負する方針を決めブラフで押していくのか、役があるのに最後の方まで引っ張って最後にガツンと賭け金を上げて勝負にでるなど、駆け引きを楽しみながら競い合うのが本当に面白いところなのだ。

手の内でストレートからカラー(フラッシュ)に変わりそうなとき、勝負手に入ったBETの仕方もたまらなく面白いところだ。

この場面で相手が食いついてきたら、ガブっと食いついて離さない勢いでヤっつけたら快感に変わってくるだろう。 こういった楽しみ方ができるゲームは、『ポーカー』だけなので、多くの人を魅了するのがよくわかる。

ディーラー時代には休憩中や仕事の後に友人たちと『ポーカー』を一戦交えるのがとても楽しかった。

同じくらいの金銭感覚をもっているのならさらに楽しさは倍増し、いつもオレを熱くさせてくれる。世界中のカジノに行けばもっと楽しさがあり、そこで勝利したときには夜も眠れないほど興奮がおさまらない。

この『ポーカー』には種類の違うゲームがあるが楽しみ方は、基本的に同じなので、ある程度の回数をかさねることで面白さ、楽しさはすぐに理解ができるだろう。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。