ディーラー目線のカジノゲーム解説 > プロディーラーライトが訓えるカジノの遊び方

【穴】プロディーラーが訓える勝ち馬に乗ってテーブルゲームで勝つ方法

level003
casino

ディーラー目線でみるカジノゲーム。

「ディーラーなんだから、ゲームに勝てますよね!」

カジノ業界に長くいたオレたちには、必ずと言って聞かれることの一つがこれだ。

最初に認識しておいてほしいのだが、オレたちカジノディーラー経験者は、カジノで必ず勝てるすべを知っている!ということではないことを。

だが、知識・経験・人脈・情報量の違いから、たかだか数年間のカジノ遊びをしてきた人よりはカジノレベルが高いことは確かだ。 カジノを運営している側の考え方を知らない一般の人とは違い、カジノ業界の裏側を12年以上見続けてきていることは大きいだろう。

「次はどっちが勝つのかな!?」

ディーラーとして場面に入っている時もなんて聞かれることもしょっちゅうあるが、正直に「次はこっちだ!」と言いたいところを我慢して、後で問題にならないようにサラリと流すことにしている。

ただし、場面中に数名のプレイヤーの流れを見ていると誰が引きが強くて、どの人が「ホシ」にされているのかがよく分かってくる。 通常のプレイヤーは自分のとの戦いを繰り広げて必死のため、周りの空気や大局を読むことをしない。

引きが強い人を見つけることで勝率はグンと上がってくる。この引きが強い人は勝負運が本当に強く、負けそうな時にも奇跡の逆転劇を繰り広げられる。 神が味方しているような状態になっている人なので、この状態にある人が賭ける方を確認し注意する必要があるのだ。

「勝ち馬に乗る」形で、勝ち続けている人に乗る、そうすると勝率がグンと上がる。

逆に「ホシ」にされる状態の人は、どちらに賭けても負けてしまい、勝負運に見放されているためとにかくよくハズれる。 そのため夜空の星のように輝いて見える。この状態人の反対側に賭けることで勝負の勝つ方へと導いてくれるのだ。

カジノでは自分で勝敗の予想をせずとも周りの空気を感じることだけで、勝ち上がることも可能なのだ。 このような賭け方を「人目(じんもく)」と呼んでいるのだが、実は勝負の鉄則でもあることなのだ。

間違ってしまってはいけないのが人目をして、敵対心を抱いて常にその人の逆を張ることはやめた方がいいだろう。

「アイツがムカつくから反対にしか賭けない!」こうなってしまうと痛い目をみて泣くことになるのこちらの方だ。 今までに何度もコレを経験してきたが悪い結果の方が多かったし、このおかげで枕を濡らして眠れぬ夜を過ごしてきた。

カジノでプレイをしていると嫌な客に出会うこともある。こちらのペースを乱される事が一番良くないのだ。 ギャンブルというものは余裕のある資金と、ゆとりのある気持ちがなければ勝ちに続く道が狭まってしまう。

そうならないためになるべく敵はつくらないようにして、嫌なプレイヤーが寄ってきたら自ら違うテーブルへ移るという選択肢がある事も頭に入れておいた方が良いだろう。 さらに、自分自身が「ホシ」になってしまうくらい勝負運が悪ければ、違うテーブル、違う種類のゲームへと席を移して流れを変える事も必要になってくる。

あくまでも「生涯現役ギャンブラー」として紳士的なプレイヤーになってもらい、思う存分楽しみながらカジノをプレイすることが大切なのだ。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラー目線のカジノゲーム解説
casino

【穴】カジノでテーブルの座席に着く前に注意すべきこと

カジノに到着してゲームを始めるには、実際のゲームテーブルに座る前に、周りの状況をよく見てからスタートするのが良いだろう。 いき