ディーラー目線のカジノゲーム解説 > プロディーラーが訓えるバカラの遊び方

【穴】プロディーラーダイスが訓える『バカラ』の遊び方

level003
101

カジノのテーブルゲームの一つ『バカラ』と言う意味は、ゼロ、破産などと言う意味がある。僕も昔、『バカラ』に高すぎる授業料を払ったのを覚えている。

裏を返せばそれだけ深く、面白いゲームなのだ。プレーヤーにベットするか、バンカーにベットするかと言うゲームで、約2分の1の勝率のゲームなのだ。

単純さが『バカラ』の面白いところで、ハマる危険性でもあるのだ。勝ち負けは、9に近い方が勝ち。自分でカードを引くか引かないかは決められない。

基本的には『バカラ』のゲームルールに従ってディーラーがリードしてくれるので、ディーラーに任せておけばゲームは進行される。

次に、『バカラ』は相手が毎回カジノと言うわけではなく、自分対カジノ、自分対他のプレーヤー、自分と他のプレーヤー対カジノと言う様に、対戦相手が毎回変化して行く。

僕がディーラーをしていて感じる事。『バカラ』で負け続ける人の典型的なパターンのうちの一つに、周りのプレーヤーが気になりだすというところだ。

自分はバンカーにベットしたいと思っているのに、嫌いな別のギャンブラーと同じ方にベットが重なった時に、そのまましておくのではなく、自分の意志と反対の方にベットしてしまう様になって来ると要注意である。

『バカラ』は負け込んでくると、どんどん自分の意志が弱くなり、周りに振り回される様になって来る。

こうなってしまった場合は、まずいったんテーブルから離れて、トイレに行き、一度休憩する事をおすすめする。ゲームの内容はあまり気にしない方がいいと思う。どっちが勝っても気にしない、考えない。

ディーラーから見ていて、うまいギャンブラーはこういう、心のあり方がしっかりとできていると思う。

逆に、勝利の女神でも降臨しているかのごとく、ついているギャンブラーを発見した場合は、その人と同じ方にベットすると言うという手もある。

『バカラ』は比較的ゲームの進むスピードが遅いので、初心者のギャンブラーにも向いていると思う。

『バカラ』だけに限らず、基本的にギャンブルは自分をいかにコントロール出来るかが重要なポイントになる。

ここをコントロール出来ないと、人生を狂わせるような大きな失敗に繋がる可能性もあるので、十分注意が必要だ。

逆に自分をきちんとコントロール出来れば、うまくカジノを利用して、楽しいギャンブルとうまく付き合って行けると思う。

GOOD LUCK!

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラー目線のカジノゲーム解説
casino

【穴】プロディーラーライトが訓える『バカラ』で絞る悦び

日本裏カジノでの収益No.1誇るのはテーブルゲームの一つ『バカラ』である。 違法な日本裏カジノ業界を潤わせ続けている『バカラ』