カジノゲームの本当の遊び方を知る > プロディーラーライトが教えるカジノの歴史

【穴】カジノはナポレオンが税収狙いで合法化を促進させた

level002
7

ギャンブルといえばカジノと言えるぐらい代表的なもので、今日、世界中にはあちらこちらで合法ギャンブルとして存在しているが、この「カジノ(CASINO)」という言語はイタリアからきている。

これは「小さな家(casa)」を意味するのだが、王侯貴族の社交用や娯楽の目的に使う別荘のことを指している。

時が進むにつれ、時代の変遷とともに娯楽施設を備え人を招いて楽しむ社交場を意識して、産業革命の後から一般人にも楽しめるように、ヨーロッパ各地に集会場の一環として誕生したものが、カジノと呼ばれるようになっていた。

世間一般的にカジノと言えば、ラスベガスやマカオにある現在のカジノのような姿を想像するかもしれない。

ヨーロッパやアメリカ、またはアジアでは、それぞれのゲームの基本的なルールは同じだが、雰囲気は異なる。それぞれの国の文化に合った進化を遂げている。

現在のラスベガスやマカオのカジノでは国をあげて一つの巨大ビジネスになっていて、より多くの客を集めるためにゴージャスなホテルを設け、イベントなどを行いアミューズメントパークとして定着している。

ヨーロッパのカジノでは比較的小さめではあるが、昔からの格式を大切にしており、店内へ入場をするにもネクタイやスーツ着用と伝統を守っているカジノが存在している。 カジノの原型が創り出されたのが、ルイ15世の時代だと言われているが、初期のカジノではプレーするにも、身分の違いを意識してなのか階級別だったと言う。

賭博(ギャンブル)が大好きな一般庶民のたまり場的なものと、特権階級の者が集う「サロン」というような形で別れていた。

当然ギャンブルには規制があり、各国、様々な規制に違反した者たちを取り締まっていたが、フランス革命が起きてからは、革命家たちが規制を取りはぶき、ギャンブルに対して寛容な姿勢を見せ始めたと言う。

カジノを公認して新たな規制を施して税金を取り立てる案が出てくるが、権力を掴んだナポレオンはこれをいっさい否定してカジノは禁止だと法令をだした。

その結果、カジノを禁止したことで税収が落ち込み出し、コレに困ったナポレオンは除外例を認めてカジノ禁止をゆるめていき、税収を回復させていくことになる。その時にできた規制法が今でもフランスで引き続き残っている。

この時ナポレオンが、税金の回復のために少しづつ制度を改正していったおかげで、国の維持を助ける税制に直結する形で、カジノが合法的に行えるきっかけをつくったのだ。これはカジノの歴史上で考えればとても大きな転換にあたる。

各国の政府たちは、しだいにカジノでのギャンブルを受け入れはじめ、多少の問題はあったにしろカジノでのギャンブルを認めていくようになっていった。この裏にはギャンブルを受け入れるかわりに、大きな税金という見返り期待して政府が認めているのは間違いない。

以前の東京都の元石原知事や、弁護士から政治家入りを果たした橋下市長も、カジノから得られる大きな税収を見込んでカジノ法案について動いていた。財政が苦しくなり続ける日本。近い将来、日本でもカジノが合法的に行われる日がきてもおかしくないだろう。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
カジノゲームの本当の遊び方を知る
13

【穴】プロディーラーが教えるブラックジャックの歴史

カードゲームの王道ブラックジャック。 カジノ遊びをする人なら一度や二度は経験しているはずだろう。 ルールがシンプルで馴染みやす

カジノゲームの本当の遊び方を知る
9

【穴】ギャンブルによって全財産を失っていった貴族たち

ギャンブルは占いとして誕生し、進化していくことになったのだが、やがて未来の予想、予言をするよりも、その結果に賭ける事の方が楽し

カジノゲームの本当の遊び方を知る
8

【穴】ギャンブルは人類誕生と同時に生まれ進化した

あなたはギャンブラーとしての活動を以前から行なって来たと思うが、それでも、ギャンブルがいつ頃に生まれ、どのように浸透していった

カジノゲームの本当の遊び方を知る
11

【穴】プロディーラーが教えるルーレットの歴史

ルーレット(Roulette)という名前は元々フランス語である。 「回転する円盤にボールを投げ入れ落ちる場所を当てるゲーム」だ