level020
16

【穴】反応。

なんとか初日の営業を終えお客さんからの反応を見てみるとなかなかいい手応えを感じている。

シアトルにはしゃぶしゃぶ専門店はあまりなく、特に日本スタイルのしゃぶしゃぶを食べたいと思うとあまり無いと言うのが今のシアトルの現状だ。

そこに僕たちの日本スタイルのしゃぶしゃぶを持ってきたのだ。

続きを読む
level020
15

【穴】初レジ締め。。。

なんとか初日の営業を終え、僕にはレジ締めをしなければいけない。 すでにレジ会社の人が数日トレーニングに来てくれて色々説明してくれて自分なりに理解していたつもりだったが、レジを閉めようとしてサーバーのチップを入力しようとし […]

続きを読む
level020
14

【穴】初営業!

ついにしゃぶしゃぶ京都がオープンした! 感想から言うとキッチンもサーバーも頑張ってくれたが、かなりの改善が必要と感じた。 もちろんある程度想像していたことなのでそんなに驚くことではないが、少しお客さんを待たせてしまった。

続きを読む

ライト式: 毎月10万円以上を着実に稼ぎ続けた方法

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

level013
18

【穴】「アメックスセンチュリオン」で支払う「ストリップハ...

「ストリップハウス」で絶品のステーキ 「ソーホー」で一度「剣客遣米使節団」は解散。各々別行動をすることになった。 僕はしばらくMacBookでパチパチした後、少し遅れる形でニューヨーク入りした同じく「剣客遣米使節団」のメ […]

続きを読む
level013
17

【穴】今日から僕(私)はその先の世界へ・・・「居合抜き」...

晴れるとも、曇るとも言えない、あやふやな空模様の今日。朝9時の開戦と共に、戦場に立った僕は、不思議な感覚を覚えた。 毎日立っている戦場、けれども、僕には全く違う光景に見えたからだ。

続きを読む
level020
12

【穴】和牛到着。

しゃぶしゃぶ京都で使う和牛が店に届けられた。 今回初めて和牛を取るのでどのようなものが来るか少し不安だったが、ものを見てみるとなかなかの良い霜降り加減で見た目はバッチリだった。 と言うことで料理長と2人で早速和牛の試食を […]

続きを読む
level020
11

【穴】予約。

先日、Facebookでしゃぶしゃぶ京都のグランドオープニングの日を告知したところ、その日のうちに予約の電話があった。 今は特に大きな宣伝はしてなく、Facebookでこっそり告知をしているのみだ。

続きを読む
level020
10

【穴】味の最終確認。

今、しゃぶしゃぶ京都では味の最終確認を行っている。 今までも味見は行なっていたが実際の量より少なく作っていたので、ものによっては多少味が違うものがあったので料理長にアジャストしてもらった。 微妙なところだったのでこのまま […]

続きを読む
level020
9

【穴】カメラの調整。

しゃぶしゃぶ京都で使うために以前友人からもらったセキュリティーカメラの最終調整を行った。 カメラのケーブルは既に取り付けてあったので今回はモニターの調節をしてもらい、さらに携帯電話で映像を見れるようにセットアップしようと […]

続きを読む
level013
8

【穴】経済発展の良さと残念さの陰陽が同居している街「ソー...

我ら「剣客遣米使節団」が次に訪れたのは、ニューヨーク・マンハッタンのダウンタウンにある地域「ソーホー(SOHO)」。 「ソーホー」の有名なカフェに行きたく「CHOBANI」というカフェを集合場所に設定したのだが、残念なが […]

続きを読む
level013
7

【穴】「剣聖」を目指す心得「冷暖自知(れいだんじち)」6月...

容器に入っている水が、冷たいのか?暖かいのか?見ているだけではわからない。 実際に自分で手を入れてみたり、飲んでみてはじめて、それがどのくらい暖かいのか?冷たいのか?が分かる。 今の世の中は、テレビ、新聞、雑誌、Face […]

続きを読む
level020
6

【穴】スーパースター

ついにシアトルマリナーズにスーパースターが帰ってきた! 僕はマリナーズの開幕戦にイチロー選手がスタメン出場すると言うことで、イチロー選手のジャージを着てセーフコ フィールドまで応援に行った。 開幕戦の試合前は選手が順番に […]

続きを読む
level020
5

【穴】グランドオープン!

ついにしゃぶしゃぶ京都がオープンする。 まずは知り合いだけ呼んで三日間営業する。 無料で知り合いを招待してもよかったのだが、ウェイトレスにお金のやり取りも練習してもらいたいので今回は30%オフで来てもらうことにした。

続きを読む
1 / 13312345...102030...最後 »